D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、週1回(月)新規記事を投稿中。

【2022年】ソロキャンプにおすすめのキャンプ場~長崎編~

  • 騒がしいキャンプ場が苦手。
  • ひとりの贅沢時間を楽しみたい。
  • のんびりできるキャンプ場はどこ?

そんな方に、お勧めの記事です。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、ソロキャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、キャンプを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

長崎在住で、アラフォー妻子持ち、キャンプで騒ぐのが苦手な私が

「利用してみてよかったキャンプ場」を、紹介します。

 

 

【長崎県雲仙市】国崎公園キャンプ場は、運が良ければ貸し切りに。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210531/20210531061655.jpg

【キャンプ場の特徴】

  • 利用料が無料。
  • ロケーションが抜群。
  • 申し込みの際は役所への申し込みが必要。
  • キャンプ場~駐車場の道のりが過酷。
  • 運が良ければ貸し切り。
  • 夕日、朝日を楽しめる。

【予約の方法】

雲仙市役所に電話:0957-38-3111  

申込書をダウンロードして、FAX送信。

 

【まさたけの感想】

完全に1人になれるので、賑わっているキャンプ場が苦手な方に

めちゃくちゃお勧めです。

過酷な道のりがあるので、

荷物は極力少なくしていきましょう。

運が良ければ、利用者はあなただけかも。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

【長崎県南島原市】夕日のロケーションが抜群!白浜キャンプ場。

【キャンプ場特徴】

  • 利用料が無料。
  • 焚火ができない。
  • 砂地のキャンプ場。
  • 野営感が味わえる。
  • 焚き火禁止。

 

【予約方法】

  • 予約は不要なので、ご自由に。

 

【まさたけの感想】

波の音と、夕日がとにかく綺麗です。

夕日が沈む時は、シャッター何度切ったか(笑)

佐賀にある、虹の松原の雰囲気も味わえます。

焚火ができないのが、辛い(泣)

 

 

mabo2011.hatenablog.com

【長崎県大村市】日本のココロを感じる、美しい黒木民宿キャンプ場。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20220110/20220110090029.jpg

【キャンプ場特徴】

  • お手入れされた木々が美しい。
  • 川の音に癒される。
  • オーナーのおばあさんも、親しみやすい。
  • 区画で分かれているので、距離を保てる。
  • ペグは頑丈なモノを準備。
  • オートキャンプ場。

 

【予約方法】

  • 黒木民宿キャンプ場へ予約の電話。0957-55-3297
  • 料金は、当日支払い。

 

【まさたけの感想】

手入れされた植木が、めちゃ美しいです。

季節によって違う景色を楽しめます。

山の上なので、夏場も涼しいんだとか。

その分、冬の冷え込み対策も必要です。

砂利なので、汚れにくいですが

ペグが刺さりにくいので注意を。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

【長崎県長崎市】市民の森ビギナーキャンプ場

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20200922/20200922183325.jpg

【キャンプ場特徴】

  • 長崎市街から車で15分とアクセス抜群。
  • 山に囲まれたキャンプ場
  • 利用料が無料。
  • レンタルが豊富。
  • 区画で分かれている。
  • トイレまで距離がある。
  • 電波が入りにくい。

 

【予約方法】

 

【まさたけの感想】

長崎市街からのアクセスが抜群なのに、

大自然に囲まれています。

区画数は5個なので、大勢が利用するキャンプ場とは違い

こじんまりしたキャンプ場なのが◎。

利用料無料も、ありがたい。

 

 

【長崎県西海町】おしゃれな山小屋が素敵なヒュッテ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20220404/20220404055214.jpg

【キャンプ場特徴】

  • キャンプが大好きなオーナーが経営。
  • おしゃれな山小屋が自由に使える。(共同)
  • こじんまりしたキャンプ場。
  • キャンパー同士の距離感が近い。
  • テント1,000円、人500円。(だったと思う。)

 

【予約方法】

 

【まさたけの感想】

とてもやさしい、尊敬できるキャンパーがオーナー。

人見知りの私でも、気を抜いてお話しできました。

キャンパー同士の距離感も近いため、

一体感が出てます。

キャンパーとお話ししたい時に利用してます。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

自分にピッタリのキャンプ場で、快適なソロキャンプを。

 

長崎にある、

”ソロキャンプにおすすめのキャンプ場”5つを、紹介しました。

 

ソロキャンプにおすすめのキャンプ場

【長崎県雲仙市】国崎公園キャンプ場

【長崎県南島原市】白浜キャンプ場

【長崎県大村市】黒木渓谷キャンプ場

【長崎県長崎市】長崎市民の森ビギナーキャンプ場

【長崎市西海町】ヒュッテ

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

どのキャンプ場も、お勧めです!

 

 

ではまた。