D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

初心者DIYerがビットを選ぶ5つのポイント

f:id:mabo2011:20200531094739p:plain

初心者がビットを選ぶ5つのポイント


ビット買うにしても選ぶ基準が分からないですよね

 

DIY歴9年の私が解説するので、超初心者向けの記事となります
最初に手にするビットを何にしようか?
その辺の悩みが解決できればと思います
ホームセンターに行くと

下の項目のビットがズラッと並んでいるかと思います

・ビットの先端が細い
・ビットの真ん中が細い、くびれている
・ビットの⊕サイズが3つある
・ビット自体の長さが違う

・あると便利な機能がわからない

分かりますよ。今日はこのあたり簡単に解説します
最初からすべてをそろえる必要はなくて
むしろ、最初の1本を買う時の参考にしてください

記事の最後には

・最初の1本はコレ

も紹介しますので最後まで読んでいただければ

ビットの先端が細いと何が便利?


通常のビットを使用すると先が見えずらい場合があります
例えば・・・カーテンレールを取り付ける時
ビットの先端が細いと、視界が狭い時に便利

わざわざ買いに行った記憶があるw
ビットとビス辺りの視界ビットに遮断されないですよね

 

 

ビットの真ん中が細くなっているビット


トーションビットと呼ばれる
ビットにくびれがあるものをさします


これは、そのくびれによって
ビス留めの際に発生する衝撃を吸収し
ビット、ビスを衝撃から守る効果があるんだとか
少し高いケド、初心者にはいいのかもしれませんね

 

ビットのサイズはどれがいいのか


⊕ビットにも3種類のサイズがあります
小さい⊕1・⊕2・⊕3大きい
順です
ビスも、全部同じような⊕があるのではなく
小さいビスには⊕1のビット
中くらいのビスには・・・・
という感じで、ビスによってビットを変える必要がありますが
1番使用頻度が高いのはどれだと思います??
それは、⊕2のビット
使用頻度が高いビスは⊕2が多いです

そういえば私、⊕3のビットは使ったことないような気がしますw

 

ビットの長さの違いはどう影響するの


ビットにも短いものから長いものまであります
平らな場所にビスを打つときに使いやすいのは、短いビットです
これは間違いない
手元に近い方が操作性、正確性は上がります
長いビットの活躍する機会は、コーナー等狭い場所
コーナーにビスを打つ際
短いビットだと
インパクトドライバーの大きさの分だけ
斜めになってしまいます
そういった場合は
長いビットを使用して
出来るだけ垂直に近い形でビス留めする事ができるんです

 

あると便利な機能


マグネット機能とビットの先がギザギザ


マグネット機能があると、ビスがビットにほんのりくっつきます
バチっとではなく、ほんのり。これが心地よいです

f:id:mabo2011:20200531100457j:plain

マグネット機能



なので、狭い場所にビス留する時に便利で、操作性が向上します

 

f:id:mabo2011:20200531100937j:plain

手を添えなくてもビスが付いた状態を保持できる



ビス留めの際に
よくする失敗にビス穴を削ってしまう
なめる事があるんですが
ビットの先がギザギザなってると

その失敗を防止できます

f:id:mabo2011:20200531101354j:plain

65mmギザビット



DIY始めたばかりのときは
よくやってましたし
今でもやってますw

 

最初の1本はコレ
という事で
色々話してきましたが
最初の1本は
・⊕2
・トーションビットはお好みで
・長さは中間くらいの65mm
・ギザビット
・マグネット機能

 

最初の1本を選ぶときはコレでOK



私がおススメする、機能を兼ね揃えたビットがコチラ
ベッセル(VESSEL) 両頭 ギザビット +2×65

 


合わせ買いでしが購入できないので
ホームセンターで購入するのもいいかもです
amazonホームセンターより安いw

f:id:mabo2011:20200531101123j:plain

65mmのビットをインパクトへ装着

経験を重ねていくうちに
色んなビットを必要な時に購入していくと思いますので
シーンによって使い分けて行ってください

ではまた