D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

キャンプ初心者必見!最初のクッカーはMilicampのメスティンがおすすめ。

キャンプといえばキャンプ飯。

こんな料理、あんな料理、色んな料理に挑戦したいものです。

最初はどんなクッカーを買ったらいいのか迷いますよね。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

メスティンをお勧めする理由と、お勧めのメスティンをご紹介します。

 

f:id:mabo2011:20210626095005j:plain

 

 メスティンの対応できる調理方法は5つ

自宅で調理する際、

お米は炊飯器で、お汁や煮物はお鍋で、蒸す時は圧力鍋、お湯を沸かす時はやかんで...

調理方法によって調理器具を変えますよね。

 

メスティンは煮る、蒸す、炊く、燻す、焼く調理方法すべてに対応できる、

超ユーティリティークッカーなんです。

 炊飯はもちろん。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210617/20210617072636.jpg

煮込みうどんに。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210527/20210527052407.jpg

燻製。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210527/20210527052816.jpg

 焼きカレーと、とにかく何でも作ることができます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210102/20210102074920.jpg

 

コチラにメスティンで作ったキャンプ飯まとめてます。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

メスティンは色んな調理方法に対応できるので、最初のクッカーに最適です!

 

 荷物をコンパクトにしたいキャンパーにお勧め

メスティンの特長の1つに、長方形の形をしたところがあります。

この箱型クッカーの良いところは、中に色んなものを収納できるコト。

 

調味料にカラトリー。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210203/20210203061722.jpg

 

アルコールバーナーなど、色んなモノが収納できます。

f:id:mabo2011:20210626082613j:plain

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

クッカーとしてもちろん、収納箱として活躍してくれるので、荷物をコンパクトにまとめたい方にお勧めです!

 

 

 注意するコト

超万能クッカーのメスティンですが、注意してほしいことがあります。

注意するコト!

熱伝導率の高い

耐久性が低い

商品によっては使用前の処理が必要

 詳しく解説していきます。

 

熱伝導率が高い

 

メスティンは熱伝導率が高いアルミ製ため、お米がふっくらと炊けますが、

その利点は注意しないといけません。

例えば、調理中や火から離した直後など手を触れると火傷します。

 

家でラーメン食べる際、お椀から直接スープを飲んでも火傷しませんが、

メスティンの場合、直接口に触れると火傷する可能性があるので、やめておいた方が良いです。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

子どもが一緒の場合は、ステンレス製のシェラカップに移すことで、安心して食べれますよ。

 

 

耐久性が低い

アルミ素材のモノは、柔らかいです。

すぐ凹むし、シングルバーナーで1点集中の空焚きすると、

すぐ穴が空きます。

↓燻製する際は特に注意が必要です。

f:id:mabo2011:20210626084145j:plain

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

凹みはアジになりますが、穴が空くと使えなくなるので、燻製や蒸し料理の際は、気を付けておきましょう。

 

商品によっては使用前の処理が必要

 メスティンは、バリ取りとシーズニングという、

使用前の処理が必要な商品もあります。

 

バリ取りは、本体とフタの縁にザラつきがあるので、そのザラつきをヤスリで取る作業です。

f:id:mabo2011:20210626091225j:plain

シーズニングは、

米のとぎ汁の中にメスティンを入れて煮込むことで、

薄い膜を張る作業のことです。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

使用前のバリ取り、シーズニングは面倒ですよね(笑)

 

使用前の処理が不要な商品を紹介しますよ!

 

 

おすすめのメスティン

私が2年使っているMilicampのメスティンをご紹介します。

f:id:mabo2011:20210626091236j:plain

Milicampのメスティンは、バリ取り、シーズニングが不要なので、

買ってすぐに使う事ができますよ~。

※念のため洗ってから使いましょう。

f:id:mabo2011:20210626091225j:plain

取っ手にはシリコンが巻いてあるので、

火からおろした後は、この取っ手を持って食事する事ができます。

f:id:mabo2011:20210626091616j:plain

焚火料理をする際は、取っ手のシリコンが焦げないように気を付けましょう。

f:id:mabo2011:20210626091519j:plain

 

メスティンの中に敷く長バットがあると、蒸し料理や燻製が出来るようになります。

f:id:mabo2011:20210626091750j:plain

f:id:mabo2011:20210626091806j:plain

 

 

この記事のまとめ
  • 色んな料理がつくれる。
  • 収納箱としても使える。
  • 熱伝導率が高い。
  • 商品によっては使用前の処理が必要。
  • 空焚きに注意する。
  • お勧めのメスティンはMilicamp!

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

メスティン1つで、色んなキャンプ飯を楽しめますよ!

メスティンのみ。

長バットのみ。

 

長バット、持ち手、ポケットストーブが揃っているバージョンはこちら。

 

 

 ではまた。