D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YやCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。面倒くさがりのアラフォー妻子持ちのおじさんが投稿中。

【神クッカー】ソロキャンプ歴5年がメスティンの魅力・レシピを紹介します。

更新日(2024.5.12)

箱型でハンドルが付いたメスティンは、スウェーデンのトランギアが有名ですよね。

アルミ製のメスティンは熱伝導率が高く、日本人には嬉しい白米が炊けるのは大きなメリットの1つ。

米だけではなく、とにかく万能なメスティンはキャンパーであれば1つは持っておきたい神クッカーです。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴5年のまさたけ(@masa_take14)です。

 

筆者がお勧めする、ソロキャンプで使用するクッカーのメスティンは弱点が少なく、調理方法が多彩です。

メスティンをお勧めする理由
  • 軽い。
  • コンパクト。
  • 調理方法が万能。

 

この記事では、

  • お勧めする理由
  • 多彩な調理方法
  • 便利な使い方
  • レシピ

を、紹介します。

 

「メスティン」はアウトドアで使用するクッカーの王道

メスティンとは、アルミ素材でできた「飯盒」のこと。

メスティンといえば「トランギア」が有名ですが、最近ではダイソーからも販売されているなど、クッカーの王道となっています。

 

本体で調理するのはもちろん、蓋は小皿やフライパンとして使用する事も可能。

そんな「メスティン」は使い勝手が良いから、長く、多くの人に愛用されているのです。

 


 

「メスティン」の選び方

メスティン選びのポイント
  • バリ取り済
  • 目盛り付き
  • セット売り
  • 2合炊き

 

バリ取り済み「メスティン」なら、すぐ使える

https://m.media-amazon.com/images/I/71Ma8IPvRDS._AC_SY679_.jpg

画像参照:amazon

開封してすぐ使いたいなら、バリ取り不要のメスティンはお勧め。

バリ取りしてしていない「メスティン」は紙やすりを掛ける必要があります。

 

目盛り付き「メスティン」が便利

画像参照:amazon

炊飯を失敗したくないなら、目盛り付きを。

目盛りが無いメスティンは、水の量を目分量でしなければいけないので、米がベチャベチャになったり、硬めに炊き上がる可能性があります。

 

「メスティン」は付属品が命。便利なセット売り

「メスティン」に便利な付属品があります。後から揃えるのが面倒と感じる方にはお勧め。

【ポケットストーブ】

メスティンと一緒に使用することで、自動炊飯が可能。

【風防】

外で安定して調理を行う為に、風を遮る板。

【収納袋】

無くても良いですが、道具がバラけないように、「メスティン」の汚れが他道具に就かないように、収納袋に入れて持ち運ぶ方が便利。

【長バット】

メスティンの中に敷くもの。蒸し料理やスモーク調理をする際に必要。


 

まずは、容量は2合炊きの「メスティン」を

メスティンには3種類の大きさがあります

  • 1合炊き
  • 2合炊き
  • 4合炊き

後述しますが、「メスティン」は調理方法が多彩なので、炊飯以外にも多くのキャンプ飯を作ることができます。

ソロキャンプで使うなら、1合炊きでは小さいし、4合炊きでは持て余します。そう考えると2合炊きが1番使いやすいです。

 

「メスティン」は調理方法が多彩

f:id:mabo2011:20210818074019j:plain

世の中には、様々なクッカーがありますが、「メスティン」ほど多彩な調理方法に対応できるクッカーはありません。

 

メスティンが対応できる調理方法
  • 焼く
  • 炒める
  • 煮込む
  • 蒸す
  • 炊く
  • 燻す

 

メスティンが対応できる調理方法が多いのが特徴です。「万能」なクッカーほど、持って行く機会が増えますし、食事の度にクッカーを変えなくて済むので、荷物が減ります。

 

たった150gの「メスティン」

f:id:mabo2011:20210818073932j:plain

徒歩キャンパーや登山者は、道具の軽さにも注目したいところ。

道具は軽ければ、軽いほど持ち運びが楽になります。

 

「鉄製」ソロ用ダッチオーブンが約3.5kgに比べ、「アルミ製」メスティンは0.156kgと、超軽量なクッカー。

 

道具が収納しやすい箱型「メスティン」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20220628/20220628053520.jpg

バックパックはもちろん、車でキャンプへ行く際にも、持っていける道具は限られます。なので、空間を上手く使う必要があるんですよね。

 

メスティンは収納箱にもなるので、キャンプ道具を全体的にコンパクト化することができます。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

 

「メスティン」を使う時に、気を付けたいポイント

「メスティン」に限らず、アルミ製のクッカー全般に言えることですが、アルミ製のクッカーは熱伝導率が高い事で、熱を効率的に食材へ伝えることができ、特に米を炊くことに長けています。

クッカー全体が熱くなっているため、調理中にメスティンを素手で触ると火傷します。

 

また、汁物を飲む際も同様で、汁が熱々の状態で「メスティン」に口を付けると火傷する可能性が高いので注意が必要しましょう。

 

炒め物が苦手な「メスティン」

鉄製のスキレットのように、熱を蓄えることができないため、炒め物をする際は、食材が「メスティン」に焦げ付きます。

油を多めに敷くなどの対策が必要です。

 

メスティンで作るキャンプ飯レシピを”11個”

メスティンで「煮る」系キャンプ飯。

①芯から温まる「オニオンスープ」

f:id:mabo2011:20210818061546j:plain

詳しいレシピはコチラ

mabo2011.hatenablog.com

 

②スンドゥブチゲの素を使った「スンドゥブチゲ」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210928/20210928055756.jpg

詳しいレシピはコチラ

mabo2011.hatenablog.com

 

お酒がすすむ「酔っ払いチキン」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210416/20210416053249.jpg

詳しいレシピはコチラ

mabo2011.hatenablog.com

 

 

メスティンで「蒸す」系キャンプ飯。

お酒のつまみに「肉巻き野菜」

f:id:mabo2011:20210818061807j:plain

詳しいレシピはコチラ

mabo2011.hatenablog.com

 

 

メスティンで「炊く」系キャンプ飯。

①日本人の主食「白米」

f:id:mabo2011:20210818062551j:plain

 

②キューピー明太パスタの素を使った「ドリア風明太マヨ」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210525/20210525074504.jpg

詳しいレシピはコチラ

mabo2011.hatenablog.com

 

③鯖缶と、お茶漬けの素を使った「さばの炊き込みご飯」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210413/20210413053320.jpg

詳しいレシピはコチラ

mabo2011.hatenablog.com

 

④ボリューム満点の「焼きカレー」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210102/20210102074920.jpg

mabo2011.hatenablog.com

 

⑤手抜き最高の「さんまの蒲焼のっけ飯」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20201104/20201104062745.jpg

mabo2011.hatenablog.com

 

 

メスティンで「燻製」もできる。

①うずらの卵をベーコンを「燻す」

f:id:mabo2011:20210818061947j:plain

詳しいレシピはコチラ

mabo2011.hatenablog.com

 

メスティンで、キャンプ飯を楽しもう!

 

メスティンの特長
  • 調理方法が多彩で万能。
  • 焼く調理が苦手。
  • 軽くて、コンパクト。
  • 収納箱としても使える。
  • 多彩なキャンプ飯を楽しめる。

 

私の中では断トツの”神”クッカーメスティンです。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

メスティンを使って、色んなキャンプ飯を楽しみましょう!

 


 

 

ではまた。