D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

ソロ用クッカーに必要なのはメスティンだけ!他には何もいらない。

f:id:mabo2011:20210818075009j:plain

世の中にはいろんなクッカーがあります。

Amazonでクッカーを探すと、沼ぬまヌマ~(笑)

 

キャンプで使うことができるクッカーは、

  • お米が自動炊飯できる「メスティン」
  • 肉をおいしく焼いてくれる「スキレット」
  • 錆びにくくて頑丈な「ステンレス鍋」
  • 煮込み料理なら「ダッチオーブン」

それぞれに特徴があって、得意なモノが違います。

 

それに、クッカー作成のプロたちが、

アレやコレやとデザインや機能の工夫を凝らして作ったキャンプ道具たち。

ふか~い沼にハマるのも当然です(笑)

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

 

今回の記事では、

  • クッカー選びの沼から引きあげてほしい。
  • クッカーは1つでいい。
  • どのクッカーが使いやすい?
  • 色んなキャンプ飯に対応しているクッカーはどれ?

こんな悩みがある方向けです。

 

クッカーに大切な要素は「万能」であること。

クッカーの種類が色々あるのは、クッカー毎に「得意な料理」があるからなんです。

クッカー毎で得意な料理があるんですが、サクッと検索するとこんな感じです。

  • メスティン:なんでもできるが、焼くのが苦手。
  • スキレット:焼く料理が得意。
  • ステンレス鍋:ラーメンやカレーなど短時間でできるスープ系が得意。
  • ダッチオーブン:超万能アウトドア調理器。オーブン・煮込み料理など、なんでもできる。

と超あっさりですが、こんな感じです(笑)

f:id:mabo2011:20210818074019j:plain

 

クッカー毎に「得意な料理」がありますが、

キャンプで使用するクッカーに必要な要素は「万能」であること。です。

 

キャンプでしか使用しないクッカーを何個も持っていると、

購入時のコストはもちろん・・・。収納スペース、管理するコストがかかります。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

そう考えると「万能な調理器を1つ」持っておくことが大切なことになってきそうですよね。

 

 

 

クッカーに大切な要素は「軽さ」

キャンプ道具を選ぶときに大切なことがあります。

それは「軽さ」。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

ソロキャンプをメインにしている私は、

その「軽さ」が超大切な要素になります。

 

 

クッカーは得意な料理があると説明しました。

その得意な料理はクッカーの「素材」が大きく影響します。

そして「素材」によって、「重量」が変わるんですよね。

 

軽い順をつけるとこんな感じ。

  1. 「アルミ製」のメスティン。
  2. 「ステンレス製」のステンレス鍋。
  3. 「鉄製」のスキレット・ダッチオーブン。

  とクッカーに使用されている素材では「素材」アルミが1番軽いんです。

f:id:mabo2011:20210818073932j:plain


 

最近はチタン製のクッカーが販売されています。

高価な素材ですが、「軽さ」に加え「頑丈」なチタン製クッカーに気持ちが動かされています(笑)

 

クッカーが「コンパクト」だと荷物が減る。

「コンパクト」は、キャンパーであれば興味のある大切な要素です。

荷物はコンパクトなほど、

  • 移動が楽になります。
  • 収納スペースが少なくて済みます。

クッカー自体が「コンパクト」なことはもちろんですが、

クッカーを使ってキャンプに持っていく荷物をコンパクトにすることができれば、なお良し!

ですよね。

f:id:mabo2011:20210818071307j:plain

 

キング・オブ・ソロ用クッカーは「メスティン」

ということで、ソロ用クッカーを選ぶ際には、

  • 「万能」
  • 「軽い」
  • 「コンパクト」

という要素を大切に選ぶといいです。

 

この3つの要素を考えると、キング・オブ・ソロ用クッカーは、

「メスティン」です。

ここをもう少し深堀りしていきます。

 

メスティンの万能さとは??

メスティンができる調理方法は、

  • 煮る
  • 蒸す
  • 炊く
  • 燻す
  • 焼く

ほぼ、すべての調理方法に対応できることです。

 

写真で振り返ってみましょう!

「煮る」オニオンスープ。

f:id:mabo2011:20210818061546j:plain

 

肉巻き野菜を「蒸す」

f:id:mabo2011:20210818061807j:plain

 

米を「炊く」

f:id:mabo2011:20210818062551j:plain

 

うずらの卵をベーコンを「燻す」

f:id:mabo2011:20210818061947j:plain

 

「焼き」カレー

f:id:mabo2011:20210818062211j:plain

 

 


まさたけ


熱伝導率が高いアルミ製のメスティンは、「焼く」のがちょっと苦手。

すぐコゲつくのが唯一の欠点です。

 

 

mabo2011.hatenablog.com

 

 

メスティンの「軽さ」とは?

「鉄製」のソロ用ダッチオーブンが約3.5kgに比べ、

「アルミ製」のメスティンは0.156kg。たった156gしかないんです。

 

大きさやクッカーの厚みの違いがあるのはもちろんですが、

素材でコレだけの差が出るんですよね。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

ソロキャンプはできるだけ身軽にしたいので、メスティンの「軽さ」は本当にありがたいです。

登山をしている方は、特に「軽さ」を重視した道具選びをするんですよ。

 

 

メスティンの「コンパクト」さは?

メスティン自体の「コンパクト」さはもちろんですが、

キャンプ道具を中に収納することができるんですよね。

 

メスティンがキャンプ道具を「コンパクト」にしてくれる!

っていう利点も、メスティンが大好きな理由の1つです。

f:id:mabo2011:20210818071307j:plain

 

 

まとめ

いかがでしたか??キャンプを月1回、約3年しておりますが、

  • 最初に手にするクッカーは?
  • いつまでも使い続けれられるクッカー?
  • 使用頻度の高いクッカーは?

と聞かれれば、即答で「メスティンです!」

と「かぶせ気味に答えるほど」メスティン推しです。

↑どれほど(笑)

 

  • 「万能」
  • 「軽い」
  • 「コンパクト」

なメスティンは超お勧めです。しかも安い(笑)


 

 

ではまた。