D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

ソロキャンプ歴3年の私が実践している道具を減らす・軽くする8コの方法は?

f:id:mabo2011:20211002073512j:plain

キャンプ道具の荷物が多い・・・。

車に乗らない。

重たくてキャンプがしんどい。

なんて思ったことはありませんか??

 

私がキャンプを始める際に道具を選んだ基準は、

「値段」が一番でした。

そのため、荷物が嵩張り大荷物でキャンプ行くのが

辛くなったこともあります(笑)

 

キャンプ経験が無い当時の私には

最初に選ぶ基準が「値段」以外なかったんですよね。

 

キャンプを始めて3年経つと、

ある程度のキャンプ道具が揃い

キャンプ道具の見直しの時期に入ります。

 

見直しの時期になると

「値段」に重点を置いていた基準が、

「使い勝手のいいもの」

「荷物を減らすため」

「軽くするため」

など、成長とともに変わるものです。

f:id:mabo2011:20211001082722j:plain



キャンプを始めたころに

揃えたキャンプ道具は

半分以上入れ替わりました(笑)

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

キャンプ道具は買い替えたくない!

荷物を少なくしたい!

荷物を軽くしたい!

キャンプの準備を楽にしたい!

方向けに、荷物を減らす方法や、キャンプ道具の選び方・応用の仕方をお伝えします。

 

 

キャンプの荷物を減らす・軽くするメリットは「楽」が手に入る。

そもそも、荷物を減らしたり・軽くする必要は?

と疑問に持っている方もいらっしゃるかと。

 

荷物を減らすと4つのメリットがあります。

  • 荷物が軽くなり、自由度が高くなる。
  • 車の中が快適になる。
  • 自宅~車~キャンプ場の荷物の持ち運びが楽になる。
  • 忘れ物が減る。

f:id:mabo2011:20211001082746j:plain

 

荷物が減る・軽くなるとキャンプ場選びの自由度が高くなります。

 


まさたけ

 

荷物が多いとオートキャンプ場一択になりがち。

だったり

車内はスッキリして、荷物の搬入も楽になります。

数が減ると準備するものが減るので、忘れ物が減るモノ当然です。

mabo2011.hatenablog.com

 

荷物が減る・軽くなると「気楽」になり

忘れ物が無くなると「楽しく」キャンプ場で過ごすことができます。

荷物を減らすことは、メリットがいっぱいな理由です。

 

荷物を減らす、軽くするコツは道具を知ることから。

荷物を減らすコツは、

道具の「使い方」「応用の仕方」と

道具の「素材」や「仕組み」の特長を

知ることです。

f:id:mabo2011:20211001082802j:plain

 

この辺のポイントを押さえておくと、

「荷物が減り」「軽くなります」

 

キャンプ歴3年の私が

住・楽・食・その他のジャンルで

実際に使っている道具を用いて紹介していきます。

 

ダウンシュラフが軽くてコンパクト。

シュラフは中身の素材が

  • 「化繊」
  • 「ダウン」

の2種類あります。

 

同等スペックの

  • 「化繊シュラフ」
  • 「ダウンシュラフ」

で比べると

以下のような機能や大きさ違いがあります。

  • 化繊シュラフ:安価・大きい。収納時に力が必要。
  • ダウンシュラフ:高価・コンパクト。収納時は楽。

f:id:mabo2011:20211001082829j:plain

 

荷物の容量を減らしたい場合は

ダウンシュラフです。

 

ちなみに私は化繊×ダウンのハイブリットを使ってます。

冬は使えませんが、

3シーズン使用できるのでおすすめ。

 

チェアは組み立て式がコンパクト。

チェアには

  • 「収束型」
  • 「組み立て式」
  • 「地べたスタイル」

があります。

f:id:mabo2011:20211001082935j:plain

  • 収束型:重量のあるスチール製・収納時も大きい。
  • 組み立て式:軽量なアルミ合金製。収納時コンパクト。
  • 地べたスタイル:クッションパット開いておくだけ。

 

f:id:mabo2011:20211002062520j:plain

 

スタイルにもよりますが

  • ロースタイル
  • あぐらスタイル

に対応できるチェアがあります。

 

テーブルは持っていかなくてもいい。

以前は組み立て式のテーブルを持っていってましたが、

最近はキャンプボックスの蓋をテーブル代わりにしています。

f:id:mabo2011:20211002062643j:plain



私はあぐらスタイルのため

地面との距離が近く

高さのないテーブルでも

快適に過ごすコトができます。

f:id:mabo2011:20211002062727j:plain

 

あなたのスタイル次第ですが、

テーブルは無くてもOKです。

 

薪は現地調達する。

「薪は持っていかなくていいキャンプ場を選ぶ」

のも荷物を減らす方法です。

 

薪は意外と荷物になるんですよね。

薪はキャンプ場で調達。

そんなキャンプ場を選ぶと荷物が減ります。

 

  • キャンプ場で薪を購入。
  • キャンプ場の近くで流木などの薪を拾う。

この2択です。

f:id:mabo2011:20211002062758j:plain

 

クッカーは「調理方法が多い」「収納箱になる」モノがお勧め。

キャンプ場ではその日の夕食、

次の日の朝食と、

少なくとも2食以上は

キャンプ場で食べますよね。

 

食事の度にクッカーを変更すると

荷物が嵩張るのは容易に想像できます

 

そのため、

クッカーは色んな調理方法に対応できる

「メスティン」1択がお勧めです。

  • 焼く
  • 炒める
  • 煮込む
  • 蒸す
  • 炊く
  • 燻す

6つの調理方法に対応できるので、

食事の度に

クッカーを変えなくていいところが

ポイントです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210907/20210907195545.jpg

mabo2011.hatenablog.com

 

メスティンは箱型のため、

調味料入れなどの

収納箱にもなります。

f:id:mabo2011:20211002063125j:plain

 

メスティンは箱型なので

「クッカー」として、

「収納箱」として

使う事ができます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210907/20210907194309.jpg

 

1台2役するキャンプ道具が増えると

キャンプ道具は減っていきますよ!

 

 

 

マグカップは「ケトル代わり」になるモノがお勧め。

続いてはコップ。

湯沸し専用にケトルなんかも可愛くて良いんですが、

  • 「湯沸かし以外のことに使えない」
  • 「丸型でスタッキングしにくい」

※とあるYouTuberが言ってました。

 

湯沸しはケトルではなく、

スノーピークチタンシングルマグ450で行っています。

f:id:mabo2011:20211002063348j:plain

 

マグカップを応用して使うことで、コンパクトになるし

荷物も減ります。

 

調理器具をアルコールストーブにして軽くする。

キャンプ飯をつくるのに

自宅でも使い慣れて、火力調整ができる

ガスバーナーが便利です。

気持ち的にも導入しやすいキャンプ道具の1つです。

f:id:mabo2011:20211002063833j:plain

 

最近になり

荷物を軽くしたい一心で

アルコールストーブを愛用しています。

f:id:mabo2011:20211002063915j:plain

アルコールストーブはガスバーナーと比べ

  • 手のひらサイズでコンパクト。
  • シンプル構造なので故障しにくい・軽い。
  • 燃料は小分けできる。
  • 火力調整がしにくい。

のが特徴。

 

火力調整がしにくいですが、

許容できる方におススメです。

f:id:mabo2011:20211002063951j:plain

 

その他

キャンプ道具を自作する。

自分にとっての過ごしやすさって、

唯一無二だったりします。

どんな商品でも、

ここが惜しいな。

と思うことありませんか?

 

キャンプを3年やっていると

自分に合ったスタイルが定着してきて

道具に対しての

理想が高くなったりもします(笑)

 

世の中に無いなら

自分で作ろう!

と思って作成したキャンプボックス。

f:id:mabo2011:20211002064103j:plain



このキャンプボックスは、

高さのあるテーブル

f:id:mabo2011:20211002064112j:plain

 

蓋はテーブル

f:id:mabo2011:20211002064140j:plain

 

移動時は収納箱

f:id:mabo2011:20211002064150j:plain

 

キャンプ場では収納棚

f:id:mabo2011:20211002064213j:plain

と我ながらいいモノを作ったと感心しております(笑)

 

道具を減らすために、

自分でDIYするのも手です。

www.creema.jp

 

まとめ

f:id:mabo2011:20211002073529j:plain

ということで

いかがだったでしょうか?

今回は荷物を減らす、軽くするための方法をご紹介しました。

 

この記事のポイント!
  • シュラフはダウンシュラフが軽くてコンパクト。
  • チェアは組み立て式がコンパクト。
  • テーブルは持っていかなくてもいい。
  • 薪は現地調達する。
  • クッカーは「調理方法が多い」「収納箱になる」モノ。
  • マグカップは「ケトル代わり」になるモノ。
  • 調理器具をアルコールバーナーにして軽くする。
  • キャンプ道具を自作する。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

みなさんのキャンプ道具選びの参考になれば幸いです。

私も最初は荷物が重たく、嵩張っていましたが少しずつ改善しています。

 

ではまた。