D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。毎週2回更新。

中華製のシュラフ。Fengzel Outdoorがコスパ最強。最低気温1℃でも使える。

f:id:mabo2011:20210320175506p:plain

冬用のシュラフが欲しいけど、

ナンガのような高級シュラフにはでないですよね。

 

そんな、お小遣いキャンパーのまさたけは、

amazonで、Fengzel Outdoorマミー型寝袋を購入。 

中華製の冬用シュラフを手に入れました。

今回は、その開封レビュー記事です。

 

今からキャンプを始める方の参考になればと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ!
  • 冬用のシュラフを探している。
  • 高級シュラフに手が出ない。
  • お小遣いキャンパー。
  • コスパの良いシュラフを手に入れたい。

 

 

今回購入したシュラフは

1500gものダウンを詰め込んだ、極冬用のシュラフ。

特徴は以下の通りです。

  • 伸縮性優れたマミー型寝袋
  • 1500gの保温性抜群ダックダウン
  • 中国から発送

では、詳しく解説していきます。

 

 

シュラフは夏用の「封筒型」と冬用「マミー型」がある。

シュラフは、

  • 「封筒型」
  • 「マミー型」

と呼ばれる2種類があります。

 

  • 封筒型:冬以外の気温が寒くない季節向け。

 

  • マミー型:体全体を覆い、保温性に優れている寒い季節向け。

 

 

という特徴があります。

 

冬は、保温性に優れたマミー型のシュラフが必須です。

 

Fengzel Outdoorは窮屈さを感じないマミー型のシュラフ

このシュラフを購入した理由の1つに、

フィット感と、寝心地を両立した

”ストレッチ素材”という所に、期待して購入しました。

 

このシュラフは、ハムのように(笑)

等間隔でゴムが入っており、

f:id:mabo2011:20210320164239j:plain

 

横に引っ張ると、ビヨーンと広がります。

f:id:mabo2011:20210320164257j:plain

フィット感がありながら、

ゆとりのある寝心地を両立しています。

 

通常のマミー型で窮屈さを感じる私ですが、

Fengzel Outdoorのマミー型シュラフは、

窮屈さを感じません。

 

脚をこんなに開くことができるって、すばらしい。

f:id:mabo2011:20210320180846j:plain

 

 

シュラフの中身は1500gの保温性抜群ダックダウン

続いて、シュラフの中に入っている詰めモノの話です。

世の中のシュラフの中身は、

  • 「化繊」
  • 「ダウン」

のどちらかです。

 

「化繊」はぬいぐるみとかに入っている人が作ったモノです。

f:id:mabo2011:20210320162017j:plain

参照:Amazon

 

 

「ダウン」はダック(鳥)の胸辺りの”羽毛”です。

f:id:mabo2011:20210320162026j:plain

参照:Amazon

 

「ダウン」は「化繊」より、

  • 高価。
  • 軽量。
  • コンパクト。
  • 保温性が高い。
  • 水に弱い。

というのが特徴です。

 

 

ダウンの品質を表すものに○○フィルパワー

と言うものがあります。

この数字が高いほど、

フワフワして、

保温性が高い

高品質なダウンという事になります。

 

身近なモノで言えば、

ユニクロのダウンが640フィルパワー。

と、表記があります。

 

Fengzel Outdoorの商品ページには、

700フィルパワーと表記がありますが・・・。

 


まさたけ

個人的な感想ですが、

ユニクロのウルトラライトダウンの方が

フワフワしている感があります(笑)

 

コンパクトにできるように、

コンプレッション機能付きの収納袋です。

 

コンプレッションを発動させるのは、

ダウンを傷めないよう、

キャンプに行く道中のみにしておくのが良いです。

f:id:mabo2011:20210320164405j:plain

 

Fengzel Outdoorの快適温度-10℃は厳しそう。

シュラフの快適温度って、

明確な基準がよく分からないですよね。

 

とはいえ、シュラフを使用する条件は、

寒さ対策をした服装で

使う事を想定された温度設定になっている。

ことが多いんだとか。

 

この1500gのシュラフの快適温度は、

  • -10~-20℃

とされています。

 

中華製シュラフは、

表記している快適温度から、

10℃高い気温を目安にするといいです。

 

 

ちなみに、

最低気温1℃で、

 

  • ユニクロ極暖上下。
  • 防風素材のパーカー・パンツ。
  • 靴下あり。

を着用した状態で就寝。

寒さを感じること無く、適温でした。

※底冷え対策も重要です。

 

保温性も高い理由は、

中身がダウンだから、はもちろん。

 

外気が入ってこないように、

首元には、外気侵入防止する仕掛けがあります。

f:id:mabo2011:20210320181029j:plain

 

 

中国から届く商品は、遅くて梱包が雑

 

中華製で、中国からの発送する為、

梱包が雑で、到着までに、時間がかかります(笑)

f:id:mabo2011:20210320164038j:plain

 

2月27日に購入して、

3月19日に届きました(笑)

f:id:mabo2011:20210320164100j:plain

商品に直接シールが貼ってて、良い感じです(笑)

※シールをはがしても後が残らないです。

 

獣臭がするけど、眠れないほどではない。

中華製のダウンシュラフあるあるで、

獣臭がきつい。と

レビューで見かけるので、心配してましたが、

・・・眠れないほどでは無いです。

 

※私の嗅覚は普通です。鈍感と言われたことは無いです。

 眠れないほどの不快感は無いですが、

実際の使用前までは、部屋で広げておくと良いです。

 

 

 いかがでしたか?

実際のキャンプで使用できていませんが、

開封・実際に使用してみたレビューでした。


 

 

ではまた。