D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、週1回(月)新規記事を投稿中。

【厳選】バックパックで行く、キャンプ装備は58,000円。コスパ良くない?

キャンプを続けていくと、自分の快適なスタイルが徐々に定まってくるもの。

すると、道具の買い替えをしたくなりますよね。

筆者は、身軽さと、手軽さ、コスパを重視する為、

  • 道具が軽いこと。
  • 最低限の荷物であること。
  • 持ち運びが簡単であること。
  • コスパのいい道具を選ぶ。

を、重視しています。

 

買い替えになると気になるが、道具一式でいくらするの??

ですよね。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

 

この記事では、お小遣いキャンパーである私が

実際に使っている、

  • 軽い。
  • コンパクト。
  • 持ち運びがしやすい。
  • コスパが良い。

バックパックで使える、キャンプ道具一式の”総額”をお伝えします。

 

読者の皆さんが持っている道具を確認していただきながら、

比較して、足りない道具や、

コンパクトにならない道具の代用品が見つかれば、幸いです。

 

ちなみに、総重量は13kgでした。

 

軽い・コンパクト・持ち運びに特化した道具は58,000円で揃う。

今回紹介する道具は、”登山用バックパック55L”に詰め込んだ道具を紹介します。

 

※筆者が使っているバックパックは、amazonbasic55Lですが

現在、販売しておりません。

バックパックは、今回の”総額”には入ってませんのでご了承くださいm(__)m

 

背中には、バックパックを。

片手には、ウォータータンク。

片手には、薪。

そんなスタイルでキャンプ場へ向かう事ができます。

 

「住」むのに、必要な道具は、33,800円。



居住スペース(18,000円)
  • テント(FIELDOORキャンプドーム100):8,500円
  • チタンペグ24cm(Boundless Voyage)×6本:3,300円
  • LEDランタン(UCOレスシャイ):2,420円
  • キャンドルランタン(ロゴス):1,280円
  • パラフィンシート(ワークマン):1,500円
  • グランドシート(ノーブランド):1,000円

 

 

寝るところ(15,800円)

 

 

 

 「楽」しむのに、必要な焚き火道具は、7,500円。



焚き火(7,500円)

 

「食」べるのに、必要な道具は16,500円。

 

クッカー類(16,500円)

 

”身軽さ”と、”気軽さ”と、”お財布へのやさしさ”を併せ持った道具一式。

と、計57,800円のバックパックのキャンプ装備の紹介でした。

キャンプを始めた頃は、

アレや、コレやと道具を買いあさりましたが

結局は、今の形に収まっています。

 

季節に応じて、装備が変わりますが

春秋は、こんな道具で楽しめます。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

夢のバックパックキャンプも、お小遣いで揃いますよ!

 

ではまた。