D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。毎週2回更新。

【失敗談あり】すき間を埋める木工パテ使い方。塗装は何を使うべき?

DIYをしていると、

  • 木と木のすき間が気になったり。
  • 仕上がりのクオリティーを上げたい。

など、思うことがあるはず。

 

実は、木と木のすき間を埋めて、

モノのクオリティーを上げる方法があります。

 

「木工パテ」ってご存じですか?

この「木工パテ」を、すき間に埋め込むことで

  • 木のすき間を埋めたり。
  • 木の傷を隠したり。

することで

モノのクオリティーがグンと上がるんですよ。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、DIY歴10年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、DIYを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

この記事では、

  • 木と木のすき間を埋めたり。
  • 木の傷を隠す。

「木工パテ」の使い方、失敗談をお伝えします。

「木工パテ」の使い方、特徴を知って

DIYで作ったモノのクオリティーを上げていきましょう。

 

「木工パテ」とは?

東京にあるセメダイン株式会社の「木工パテ」

材質はアクリル樹脂。

歯磨き粉タイプで、めちゃ使いやすいんです。

 

2色展開で、木材の色に合わせたもの選びましょう。

  • タモ白
  • ラワン

https://m.media-amazon.com/images/I/51lCXM4wT7L._SX342_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/I/81brmSWjFtL._SY445_.jpg

 

 

 

メーカーが推奨している使用用途は、

  • 木材のひび割れ。
  • 穴埋め。

 

 

特徴は以下の通り。

  • 水性なので安心:匂いが無い。
  • 肉やせが少ない:注入後、乾燥しても形がほぼ変わらない。
  • サンディング可能:注入後にヤスリかけができる。
  • 水性塗料の塗装可能:水性ニス・水性オイルステイン。

 

ちなみに、「木工パテ」と名前の通り

木材以外には使用できません。

 

「木工パテ」の使い方。

木工パテの使い方は、

商品の裏側に記載されている以外にも

  • 木と木のすき間を埋めたり。
  • ビスを隠したり。

する使い方もできます。

 

木と木のすき間を埋める「木工パテ」の使い方。

杉材や、SPF材など、

無垢素材は調湿効果がある一方、

その影響で木材に歪みがあります。

その歪みから

どうしても避けることができない”木と木のすき間”

 

このすき間を「木工パテ」で埋めていきます。

 

①余計なところに「木工パテ」が

付かないようにマスキングテープで養生します。

 

②すき間に「木工パテ」のチューブ先端を押し当て

③すき間に入っていくように圧入していきます。

 

④残った「木工パテ」の除去と、すき間に埋め込めるように

ヘラで余分な「木工パテ」を押し取ります。

 

⑤ヤスリをかけて表面をスベスベに仕上げをして完成。

ヤスリ前。

ヤスリ後。

 

ビスを隠す「木工パテ」の使い方。

続いては、ビスを隠す「木工パテ」使い方の紹介です。

 

ビスを隠す際は

通常「木ダボ」を使うことが多いです。

mabo2011.hatenablog.com

 

とはいえ、

「ダボを使うのはちょっと面倒」

と、感じる方は試す価値があります。

 

①ビスが隠れる穴を開けて。

 

ビスで木割れしないように、下穴を開けます。

 

②ビス留めします。

③「木工パテ」を圧入します。

 

④ヘラでヘラで余分な「木工パテ」を押し取ります。

※穴が深くなった場合は、数回に分けて注入すると肉やせ軽減できます。

⑤ヤスリをかけて表面をスベスベに仕上げをして完成。

 

「木工パテ」の上からワックス系塗料は使えない。

と、すき間を埋めたり

ビスを隠したりしたら

次は””塗装”ですよね。

 

注意書きにありますが、

「木工パテ」の上から塗装は可能ですが

水性ニス・水性ステインでの着色が可能。

と、記載されています。

 

要するに、それ以外は”自己責任”なんです(笑)

 

オールドワックスを塗装すると

なんという事でしょう~

「木工パテ」が目立ちに目立っています(笑)

 

オールドワックス塗装後。

 

塗装までのことを考えて、

「木工パテ」を使いましょう。

 

 

塗装が水性ニス・水性オイルステインなら「木工パテ」はめちゃ使える。

と、いうことで

「木工パテ」の使い方、失敗談をお伝えしました。

 

水性ニス、水性オイルステインで塗装するのであれば

  • すき間を埋めたり。
  • ビスを隠したり。

「木工パテ」はDIYの強い味方です。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

これで、ワンランクアップしたDIYを楽しむことができますね(笑)

 

ではまた。