D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、毎週2回(月・金)更新。

冬キャンプ。快適な眠りの為に必要な結露対策、底冷え、汗対策のメモ。

f:id:mabo2011:20220112074247j:plain

 

先日のキャンプでは、最低気温1℃でした。

自分史上1番寒いキャンプで

いい経験しました(笑)

 

冬キャンプで心配なのが、夜ですよね。

昼は太陽のおかげで

ぬくぬくする時間もありますが、

夜はそうはいきません。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、ソロキャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

冬の夜の睡眠は装備次第です。

 

そんな冬に用意した寝具は以下の通り。

  • マミー型シュラフFengzel Outdoor
  • Sumolux インナーシュラフ
  • キャプテンスタッグEVA フォーム マット
  • Moon Lence アウトドアベッド 
  • 湯たんぽ

 

上記の装備で、最低気温1℃だった日は

一番冷え込む朝5時くらいに

汗をかいて、シュラフの保温力が低下して

寒くて目が覚めました(笑)

今日はその日の反省点メモです。

 

この記事はこんな方におすすめ!
  • 最低気温1℃でキャンプする人。
  • 冬用のシュラフを持っていない人。
  • 冬キャンプ未経験者。
  • 冬の寒さ対策をしたい人。
  • お小遣いキャンパー。

 

 

最低気温1℃に用意した道具と服装を紹介。

最低気温1℃の際に準備した道具は、

  • マミー型シュラフFengzel Outdoor
  • Sumolux インナーシュラフ
  • キャプテンスタッグEVA フォーム マット
  • Moon Lence アウトドアベッド 
  • 湯たんぽ

 

寝始める時の服装は

  • ユニクロの極暖ヒートテック上下

でした。

 

テント内では薪ストーブで温かったので、

上着やパンツは脱いで就寝しました。

 

冬キャンプにはマミー型シュラフが必須。

今回準備したシュラフは、

マミー型シュラフFengzel Outdoor

詳しいスペックはこの記事を参考に。

mabo2011.hatenablog.com

 

シュラフには

  • 封筒型
  • マミー型

の2種類があります。

冬は冷気の侵入を防ぐために

マミー型がお勧め。

 

封筒型は冷気が侵入しまくるので

冬は使えません(笑)

 

シュラフの結露防止にインナーシュラフを使う。

f:id:mabo2011:20220112073014j:plain

ダウンシュラフは、

水分を含むと、

途端に保温効果が激減します。

 

そのためにも

結露対策をしっかり行わないと

快適な眠りを手に入れることはできません(笑)

 

シュラフの結露対策に有効なのが

インナーシュラフに

シュラフを入れて使います。

 

インナーシュラフは

シュラフの中に入れて使うのが一般的ですが、

結露対策するなら、

インナーシュラフを外側に使いましょう。

 

朝方、インナーシュラフは湿ってたけど、

中の入れたシュラフは

結露から守ることが出来ました。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

底冷え対策にコットとマットを使う。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20200730/20200730183934.jpg

冬キャンプの寒さ対策の1つに、

底冷え対策が必要です。

 

要は地面からの冷たさ、

冷気をシャットアウトして

保温効果を上げる対策です。

 

  • コット地面の冷たさを遠ざけ。
  • マットは冷気をシュラフから守る。

役割を果たします。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

 

湯たんぽでシュラフ内を快適にしておく。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20201126/20201126062305.jpg

 

シュラフ内を温めておくことで

シュラフ内で温まるまでの時間を

短縮し入眠しやすくなります。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

朝5時くらい、最低気温1℃になって目が覚める。

f:id:mabo2011:20220112072852j:plain

朝5時前・・・。

1日の中で一番気温が下がる時間帯です。

背中やお尻に冷たさを感じで起きました。

 

この時間まで眠れたことに感謝ですが(笑)

寒いので

  • ワークマンのメリノウール靴下
  • GUの防風素材のパンツ
  • ユニクロの防風パーカー
  • ホッカイロ

を着込んで、追加して再度就寝しました。

1時間くらい寒さで眠れませんでしたが(笑)

その後7時30分くらいまで眠りました。

 

寒さの原因は自分の汗だった。

  • マミー型シュラフFengzel Outdoor
  • Sumolux インナーシュラフ
  • キャプテンスタッグEVA フォーム マット
  • Moon Lence アウトドアベッド

の道具で挑んだ最低気温1℃の冬キャンプ。

 

 

今回背中やお尻に冷たさを感じた原因は、

キャプテンスタッグEVA フォーム マットに

付着している水分でした。

これ、どうやら自分の汗っぽいです。

 

 

人は寝ている間にコップ1杯の汗をかく。

って、聞いたことないですか??

 

自分の装備を見直してみると

  • インナーシュラフはフリース素材。
  • キャプテンスタッグEVA フォーム マットは発泡ポリエチレン素材。

のため、汗を吸収する素材が無かったんですよね(笑)

 

キャプテンスタッグEVA フォーム マットに

霧吹きをかけたくらいの水分が溜まり。

シュラフが水分を含み、保温力が低下。

寒さを感じ。

目が覚めちゃった。

というワケ。

 

冬キャンプは吸水素材を敷いて寝よう。

 

この現象は、冬のみならず

夏場でも起きてる現象なんですよね。

 

夏場のキャンプで

インレーターマットで寝ている時も

お尻部分が湿気ていることがありました。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

インフレーターマットは

水分を少し吸収するので

お尻だけが湿気ていたけど

背中あたりも水分を含んでいた可能性がありますね。

 

冬はキャプテンスタッグEVA フォームマットに

バスタオルを敷いてみようと思っています。

 

 

冬キャンプの寝床は結露、底冷え、汗対策が必要。

と、いうことで。

冬キャンプの寝床には

  • 結露対策にインナーシュラフ
  • 底冷え対策にコットとマット
  • 汗対策にバスタオル

を準備して次回の冬キャンプに挑みたいと思います。

 

 

 

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

皆さんはどんな対策をしていますか~??

 

 

ではまた。