D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、毎週2回(月・金)更新。

【イライラが解消】DOD「わがやのテント」はファミリーキャンプにお勧め。

f:id:mabo2011:20220411074639j:plain

(更新:2022.10.18)

ファミリーキャンプの辛いところは、

設営・撤収ですよね。

家族全員分だから、そりゃ大変です。

そして、この大変さがイライラに直結します(笑)

 

ファミリーキャンプこそ、

設営・撤収の手間を省きたい!

 

そこでお勧めなのが

DODの「わがやのテント」

 

ワンタッチ式なのに、見た目も良く

設営・撤収に手がかからない

快適なキャンプができますよ!

 


 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、キャンプを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

今回の記事では、

面倒くさがりのキャンパーが

家族4人で「わがやのテント」を使った

  • いいとこと。
  • 残念なとこ。

の感想をお伝えします。

 

「わがやのテント」で、イライラしない

ファミリーキャンプを楽しむことができますよ。

 

 

DOD「わがやのテント」の初心者から玄人キャンパーまで使える。

「わがやのテント」は、

  • デイキャンプ。
  • キャンプ。
  • カンガルースタイル。

と、幅広いスタイルで

初心者~玄人キャンパーまで楽しめるテント。

 

 

https://www.dod.camp/file/2021/07/t5_869_tn_top_image.jpg

引用:DOD公式ホームページ

 

 

そんな「わがやのテント」のスペックはこちら。

カラー: タン

参考価格(税込): 38,500円

サイズ    (約)W280×D280×H156cm

インナーサイズ    (約)W275×D205×H142cm

収納サイズ    (約)W95×D26×H26cm

重量(付属品含む):(約)10.5kg

定員 :   大人5名

材質   : フライシート:150Dポリエステル

インナーテント:ポリコットン

フロア・グランドシート:210Dポリエステル

フレーム:アルミ合金

最低耐水圧    フライシート:3000mm

フロア・グランドシート:5000mm

セット内容 : フライシート×1、テント本体×1、ロープ(長)×4、ロープ(短)×2、ペグ×14、ペグ専用収納袋×1、タイベルト×2、グランドシート×1、キャリーバッグ×1

引用:DOD公式ホームページ

 

充実した付属品で、すぐにキャンプが始められる。

「わがやのテント」は、

付属品が充実しています。

 

  • グランドシート
  • ペグ

は、買い足しや、買い替えが必要な道具ですが、

「わがやのテント」の付属品は、

付属品とは思えないほど

クオリティーが高い道具が揃っています。

 

強いていうなら、ペグハンマーを準備するくらい。

mabo2011.hatenablog.com

 

"秒”で設営完了する「わがやのテント」

「わが家のテント」は、ワンタッチ式のため

設営・撤収がめちゃ楽。

 

https://www.dod.camp/file/2021/07/t5_869_tn_top_band_01.gif

参照:DOD公式ホームページ

 

傘をさす感覚で、”秒”で開くことができます。

テント設営の手間が省けるって

嬉しいですよね。

 

天井から虫は入りずらい?

「わがやのテント」は、

テント内に入り込んで、

傘をさすイメージで開きますが

そのために、テント内にこのような穴があります。

f:id:mabo2011:20220411075447j:plain

 

この穴は絞ることが出来るので

絞りますが、完全に占めることができません。

f:id:mabo2011:20220411075516j:plain

 

4月時点ではテント内に虫が入って来ることはありませんでした。

とはいえ、完璧を求める方は、別で対策が必要ですね。

 

「わが家のテント」は昼間のフライシートが不要。

この日は”春”の陽気で、最高気温20℃くらいでした。

 

「わが家のテント」は

日中は、フライシートを被せず

シュラフやインレーターマットを入れ込んで

日に当ててました。

f:id:mabo2011:20220411073758j:plain

 

メッシュ部分がおおいので

テント内に風がよく通るので

熱がこもりません。

 

子どもたちは

シュラフの上で、はしゃいだり、くつろいでました。

妻は、昼寝して気持ちよかったみたいです。

 

春の日中は、フライシート無しでオッケーです。

 

フライシートは、夜や雨の時に使おう。

「わがやのテント」には

ポリエステルのフライシートも付属。

f:id:mabo2011:20220411073843j:plain

陽が落ちると気温が下がり

モノが結露します。

結露防止のためにも、

フライシートを活用しましょう。

 

また、雨の日や、

目隠しをしたい時にも使うと良いです。

 

どんなテントでも、ポリエステルは結露する。

どんなテントでも、家族4人寝ると

翌朝のフライシートの裏は、

めちゃくちゃ水滴が付いてます(笑)

 

水分が残ったまま収納袋に保管すると

次第にベタベタしてくるので

しっかり乾かす必要があります。

 

 

f:id:mabo2011:20220411080229j:plain

 

特に、フライシートの端(折り目部分)

が、乾きにくいので

感想しているか確認して、収納しましょう。

 

※この作業が、次のキャンプで気持ちよく

テントを使える準備になります。

 

「わがやのテント」は5人用!?

「わが家のテント」は”5人用”と表記されていますが

5人が余裕で寝れるわけじゃない(笑)

 

f:id:mabo2011:20220411073936j:plain

大人2人、子供2人

シュラフ・マットを4つ並べると

丁度いいくらいでした。

 

ランタンフックがいい仕事をしてくれる。

夜はテント内に明かりが必要。

そのため、「わがやのテント」内には

ランタンフックがついてます。

 

f:id:mabo2011:20220411075829j:plain

 

常夜灯にもなる、小さめのランタンがあると便利です。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

「わがやのテント」に玄関マットを。

「わがやのテント」の入り口は

上から開けて、

f:id:mabo2011:20220411074001j:plain

 

開けた幕は、下に巻きつける感じです。

f:id:mabo2011:20220411074026j:plain

 

f:id:mabo2011:20220411073758j:plain

開放しっぱなしであれば

見た目もスッキリしていい感じなんですが、

出入りの時は、全開近くまでファスナーを開け閉めするのが

面倒です(笑)

 

 

出入口に、玄関マットを準備すると

靴の脱ぎ履きがしやすいです。

 

当家では、ワークマンのパラフィンシートを

玄関マットに使いました。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

見た目がイケてる「わがやのテント」

ワンタッチテントは、便利な反面、

おしゃれなテントを見つけるのに苦労します(笑)

 

f:id:mabo2011:20220411075147j:plain

それに比べ、「わがやのテント」は、

  • 自然に溶け込むカラーリング。
  • DODのロゴ。
  • 形。

どれも、良い感じでイケてます。

 

f:id:mabo2011:20220411073758j:plain

インナーテントにもロゴが入ってて、

お洒落ですよ!

 

当家は、妻と娘2人と女性が多いので

特に見た目はめちゃ大事(笑)

 

「わがやのテント」はファミリーキャンプに最適!

と、いうことで

「わが家のテント」を使ってみた感想をお伝えしました。

 

設営は”秒”で完了する「わがやのテント」を紹介しました。

 

「わがやのテント」まとめ
  • フライシートだけでも使える。
  • 夜や雨天時はフライシート必要。
  • フライシートはポリエステルなので結露する。
  • 寝るのは4人が丁度いい。
  • テント内にランタンフックがある。
  • 玄関マットがあると便利に。
  • 見た目もイケてる。

 

 

そんな「わがやのテント」は

ファミリーキャンプに最適でした。

 

キャンプは、設営・撤収が辛く

テント設営の労力の比重は大きいです。

 

”イライラしない”キャンプを楽しむために

「わがやのテント」は選択肢の1つになります。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

せっかくのキャンプなので、

少しでも楽にして

子どもにイライラしないキャンプを楽しみましょう〜。

 


 

 

ではまた。