D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。毎週2回更新。

DIY初心者の悩み。「半ねじコーススレッド」でいい理由は?

DIYで使う”ビス”は、種類や長さなど

選択肢が多すぎるから悩みますよね。

 

そんなときは、

  • 「半ねじコーススレッド」
  • 板の厚み+20mm以上の長さ。

を、ポイントに選ぶと間違いありません。

 

なぜなら、「半ねじコーススレッド」は、

  • 釘よりも5倍の接着力。
  • ”木割れ”が少ない。

から。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、DIY歴10年のまさたけ(@masa_take14)です。

 

この記事では、

「半ねじコーススレッド」の特徴を紹介。

 

これからのビス選びに

迷いがなくなり、DIYがはかどります。
f:id:mabo2011:20200528063532j:image

ちなみに、上の画像は

左から「全ネジのビス」・「半ねじコーススレッド」を交互に並べてます。

 

 

コーススレッドとは?

コーススレッドとは、

”目が粗い”

”ねじ山のある”釘のコトをいいます。

 

  • コース→(ねじ山が)粗い。
  • スレッド→ねじ山。

を表しています。

 

「コーススレッド」長さは板の厚みがポイント。

「コーススレッド」の

長さを選ぶポイントは

【取り付けたい板の厚み:ビスの長さ=1:2】

または、

【留めたい板+20mm以上】

を、目安に選ぶといいです。f:id:mabo2011:20200528063454j:image

 

「コーススレッド」は木割れしにくい。

コーススレッドは

ビス自体が細いため

”木割れ”しにくい形になっています。

 

とはいえ、

  • ”ヒノキ”などの硬い木材。
  • 木材の端。

に、ビス留めしようとすると割れします。

 

コーススレッドは、

”木割れしない”ではなく

”木割れしにくい”ので、

硬い木材や、木材の端にビス留めする際は

”下穴を開けてビス留め”が基本となります。

 


ビスの太さに合わせて

〜3mm程度の

下穴ドリルで”下穴”を開けて、ビス留めしましょう。

 

 

「コーススレッド」は作業効率が良く、釘で留めるより5倍強く留まる

ビスの中には、ネジ山が詰まっているものがありますが

「コーススレッド」と、呼ばれるビスは

”ネジ山が粗い”のが特徴です。

※ネジの間隔が広い。

https://m.media-amazon.com/images/I/71iOv1wPMAL._SL1500_.jpg

参照:amazon


ネジ山が粗いと、

入り込むスピードが速くなり

効率が上がります。

 

逆に、ネジ山が細かいと

接合力が高くなる反面

入り込むスピードが遅くなります。

https://m.media-amazon.com/images/I/31IM+zDzRaL._SX342_SY445_.jpg

参照:amazon

 

とはいえ、

ビスは、釘より5倍の接合力があるので

ビス山が粗いものでも

接合力は高いので問題ありません。

 


強度が必要なベンチやベッドなどは

ビスの本数を増やすといいです。

※見た目が悪くなるので、

ボンドを併用したり、

全ねじタイプのビスを選ぶといいです。

 

「コーススレッド」は”半ねじ”タイプを選ぼう。

ビスには、”全ねじ”タイプ

https://m.media-amazon.com/images/I/61-W35u4ZYL._SX425_.jpg

参照:amazon

 

”半ねじ”タイプの2種類があります。

https://m.media-amazon.com/images/I/61b-ikKvziL._SL1500_.jpg

参照:amazon

 

DIYを始めたての方は、

”半ねじ”タイプがお勧めです。

 

理由は、初心者の方でも

木材同士の隙間を出すこと無く

ビス留めができるから。

 

”半ねじ”タイプであれば

  1. ねじ山が無い部分が空回りして、
  2. ねじ山ある部分で木材を引き付けくれます。

この作用によって

木材同士の隙間を、ギューッと詰めてくれます。
f:id:mabo2011:20200528063220j:image


逆に、

”全ねじ”タイプでビス留めすると

「押さえつける力不足」により

木材同士に、すき間ができます。

 

なので、”全ねじ”より

”半ねじ”が扱いやすく、お勧めです。

 

「コーススレッド」は1本1円でめっちゃ安い。

箱買いをすると

コーススレッド1本あたりの単価が

めちゃ安いです。


たくさん入っているもの程、

1本毎の値段が下がりますよ。

800本入りで918円。

1本1円ちょい。

 

DIYは、初心者から玄人に愛されている「コーススレッド」で

この記事のポイント!
  • 長さは板の厚みがポイント。
  • 木割れしにくい。
  • ”半ねじ”は作業効率が良い。
  • 釘で留めるより5倍強く留まる。
  • 1本1円でめっちゃ安い。

 

「半ねじコーススレッド」は

初心者から玄人まで

幅広い層から愛されているビスです。

 

 

 

DIYに欠かせない

インパクトドライバーについては

コチラです。

mabo2011.hatenablog.com

 

ではまた。