D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、毎週2回(月・金)更新。

【レビュー】Trangia(トランギア) Tスプーンでカッコいいキャンパーなれる。

  • 荷物を軽くしたい。
  • 持って行く道具は少なくしたい。
  • コンパクトにまとめたい。
  • カトラリーも拘って選びたい。
  • 地球にやさしいキャンパーになりたい(笑)

方にお勧め。

Trangia(トランギア) Tスプーン TR-550010を紹介します。

 

カトラリー自体は、大きくもないし、重たくも無いケド、

キャンプ飯の為にも、こだわっていきたい道具ですよね。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、ソロキャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、キャンプを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

この記事では、Trangia(トランギア) Tスプーン TR-550010を詳しく解説します。

カトラリーまでこだわって、

地球にやさしいキャンパーになりたいですよね。

 

「トランギアの Tスプーン」のスペックは?

スペックのご紹介。

  • 素材:ポリアミド
  • 重量:15g
  • サイズ:16cm
  • 耐熱温度:120℃
  • 耐冷温度:-20℃
  • made in スウェーデン

素材で使われているポリアミドは、ナイロンの1種。

薬品・油などに強い素材。

 

「トランギアの Tスプーン」は食べ心地がいい。

チタン製のカトラリーと悩みましたが、

プラスチックのような質感である

「トランギアの Tスプーン」を選んだのには理由があります。

 

キャンプでは、メスティン等のアルミクッカーを使うので、

食べる時の金属と金属が擦れあう、

嫌な音を聞きたくないですよね(笑)

 

せっかくのキャンプ飯。

不快な音がしない、「トランギアの Tスプーン」は

金属じゃないので、食べ心地がいい。

 

1本で2役こなす「トランギアの Tスプーン」

1本で”スプーン”と”フォーク”をこなしてくれるので

持ち物が減るのも嬉しいところ。

 

 

「トランギアの Tスプーン」はとにかく軽い。

「トランギアの Tスプーン」の前は、

セリアの折り畳みスプーンとフォークを使っていました。

 

ステンレス製のセリアカトラリーが28.5g

 

「トランギアの Tスプーン」は14.5g

と、軽いです。

 

ちなみに、チタン製の同じようなモノは18g程度。

 

荷物の軽量化をしたいなら、

ステンレス製やチタン製でもない

ポリアミド製の「トランギアの Tスプーン」です。

 

メスティンにジャストサイズの「トランギアの Tスプーン」

キャンプ道具は、スタッキングも大切なポイント。

「トランギアの Tスプーン」は、メスティンに入ります。

荷物のコンパクト化に最適です。

 

「トランギアの Tスプーン」がカッコいい。

カトラリーだからと言って

ダサいモノより、カッコいいモノが良いですよね。

 

「トランギアの Tスプーン」は、

色がグレーで、デザインも良い感じです。

コンビニでもらったスプーンや、割りばしは、

地球に優しくないし、見た目も良くないです(笑)

 

デザイン性が高く、地球にも優しい

見た目も、やっている事もカッコいいキャンパーになるために

「トランギアの Tスプーン」を使い続けたいです。

 

「トランギアの Tスプーン」のここが残念。

どんな商品にも、弱点はあるものです。

まず、耐熱温度が120℃であること。

調理の時は、気を付けて使った方がいいです。

 

収納袋が無いので、必要な方は別で用意した方が良いです。

 

1,000円以下で買える「トランギアの Tスプーン」

と、いうことで「トランギアの Tスプーン」の紹介でした。

 

「トランギアの Tスプーン」
  • 食べ心地がいい。
  • 1本で2役こなす。
  • 軽い。
  • メスティンにジャストサイズ。
  • カッコいいデザイン。

 

 

熱に弱かったり、収納袋がない「トランギアの Tスプーン」ですが

それでも私は、「トランギアの Tスプーン」に満足しています。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

ちなみに、amazonの評価は、☆4つ半。

かなりの高評価ですよ。

 

ではまた。