D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

失敗しないテントの選び方。道具の本質は「素材」初心者向け。

f:id:mabo2011:20211027195502j:plain

キャンプを始めたばかりのころ、

経験がない当時の私は

キャンプ道具を選ぶ基準が「値段」のみ。

でした(笑)

 

キャンプ道具を見ても、

値段とデザイン以外の違いが分からないモノです。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

キャンプ道具を買い替えていくうちに

キャンプ道具の選び方基準が

「値段」→「素材」に変わっていきました。

 

道具の「機能性」は

「素材」によって左右されます。

 

f:id:mabo2011:20211027200828j:plain

「素材」が「機能性」に直結し、

「素材」の組み合わせによって

「値段」が決まります。

 

今回の記事は

  • キャンプ道具の選び方が分からない。
  • キャンプを始めたばかりの方。
  • テントを買いたい。

そんな方向けの記事です。

 

キャンプ道具に使われている「素材」を見極めて

あなたにピッタリの

道具選びの参考になればと思います。

 

「フレームorポール」と「生地」でテントができる。

  • プライベート空間を作り出す「生地」
  • 「生地」を支える「フレーム・ポール」

この2つを組み立てることで

テントになります。

f:id:mabo2011:20211027080301j:plain

 

 

バンドックソロベースは

「ポール」+「生地」でテントに。

f:id:mabo2011:20211027171449j:plain

 

ドームテントは

「フレーム」+「生地」でテントになります。

f:id:mabo2011:20211027171556j:plain

f:id:mabo2011:20211027171604j:plain

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

テントの「構造」がわかったところで

「生地」と「フレームやポール」の素材を詳しく解説します。

 

 

テントに使われている「生地」は4種類。

テントの「生地」に使用されている素材は4種類。

  • ナイロン
  • ポリコットン(TC素材)
  • ポリエステル
  • コットン

f:id:mabo2011:20211027171848j:plain

 

初心者の方に「おススメの生地」は

  • ポリエステル
  • ポリコットン

がお勧め。

f:id:mabo2011:20211027171805j:plain

 

理由は、

  • お手頃価格
  • メンテンスをしやすい。

ことが理由です。

 

最初に手にするテントは、

「ポリエステル」か「ポリコットン」が無難です。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

個人的には「ポリコットン素材」がお勧め。

ポリエステルに比べて、

少し値段が張りますが、

見た目がいいので、後悔はないと思いますよ!

 

 

テントに使われている「ポール」「フレーム」の種類は3つ。

テントに使わている

「ポール」や「フレーム」の役割は、

プライベート空間を確保するための

骨組みとなります。

 

テントの形は超ざっくり説明すると

  • ドームテント
  • ポールテント

2種類あります。

 

 

ドームテントはテント生地に

「フレーム」を這わせるタイプ。

※この中ツールームテントも私が勝手に含ませてます。

 

ポールテントは

「ポール」に生地を被せるタイプ。

※ソロベースのようなパップテントも私が勝手に含ませてます。

 

「ポール・フレーム」は

  • グラスファイバー(ドームテントのみ)
  • アルミ合金
  • スチール

のいずれかになります。

※組み合わせたテントもある。

 

特長は以下の通り。

f:id:mabo2011:20211027201322j:plain



「ポール・フレーム」次第で

  • 軽さ。
  • 風に強い。
  • 価格。

に影響します。

f:id:mabo2011:20211027174549j:plain

 

 

テントに使われている「素材」に注目しよう!

ということで、

テントに使用されている「素材」のお話でした。

 

「素材」によって「機能性」が変わり

「値段」が決まります。

 

コレを理解したうえでテントを選ぶと、

値段に納得したうえで、

自分に合ったテントを購入できますよ!

 

 

  • とにかく安く!
  • キャンプが出来ればそれでいい!

って方は。

ポリエステル生地で

グラスファイバーのフレームがを使用したドームテントを。


 

 

  • 重たくても、お金をかけてもいい。
  • カッコいいテントを。

って方は、

ポリコットン生地で、

アルミ合金のポールを使用しているソロティピーを。

 


 

 

皆さんのテント選びの参考にあれば幸いです!

 

私の持ち物チェックリストはコチラ。

mabo2011.hatenablog.com

 

ではまた。