D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。毎週2回更新。

お洒落で便利”テンマクデザイン”のキャンプエプロンをレビュー!

f:id:mabo2011:20220413072939j:plain

  • キャンプ中の服装をお洒落にしたい。
  • 汚れを気にせずに過ごしたい。
  • 火吹き棒や、ペグハンマー...キャンプ中はとにかく探しもでイライラしたくない。

など、キャンプをお洒落に、楽しく過ごしたいですよね。

 

それなら、キャンプエプロンは必須のアイテムです。

 

キャンプエプロンは、

  • 熟れた(こなれた)キャンパーの雰囲気を醸し出し、
  • 洋服を焚き火の火の粉や汚れから守ってくれて、
  • ポケットにキャンプ道具を収納することができます。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、ソロキャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、キャンプを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

この記事では、お小遣いキャンパーが購入した

テンマクデザインのキャンプエプロンを

実際に使ってみた感想をお伝えします。


 

この記事を読むことで

キャンプエプロンの便利さや

テンマクデザインのキャンプエプロンの仕様を知ることができ

迷いがスッキリするはずです。

 

キャンプエプロンとは?

キャンプエプロンとは、

キャンプでガシガシ使えるエプロン(笑)

↑説明雑ッ。

 

ガシガシ使える理由は、

  • 焚き火の近くでも使える火に強い素材。
  • ポケットが多く収納力が高い。
  • 汚れがアジになるデザイン。
  • 付けるだけで”こなれた感”を醸し出せる。

と、こんな感じのものが

キャンプエプロンなるものです。

 

今回、テンマクデザインのキャンプエプロンをもとに

実際に使ってみた感想をお伝えします。

 

テンマクのワンポイントが見る人を魅了する。

今回、購入したのは、

4,000円程度で購入できる

WILD-1のプライベートブランド

”テンマクデザイン”のキャンプエプロンです。


 

 

テンマクデザインのキャンプ道具は

見た目がかっこよく、

値段もそこそこ...。

 

テンマクデザインのキャンプ道具を持っていると、

おぉ〜、”テンマク”の!

って、なりますよね(笑)

 

そんなテンマクのロゴが

エプロンのポケットに付いてます。

f:id:mabo2011:20220413070504j:plain

「おぉ〜」

新品感が、ちょっとだけ恥ずかしいですが(笑)

ロゴも、素材自体も経年変化でいい感じになると思われます。

 

「帆布素材」が頼もしいテンマクデザインキャンプエプロン。

キャンプエプロンは、

基本、綿素材。

f:id:mabo2011:20220413070525j:plain



テンマクデザインのキャンプエプロンは

自宅で使うようなペラペラ綿素材ではなく

帆布素材で、”生地が厚め”なのが特徴。

f:id:mabo2011:20220413071553j:plain



帆布素材は、頑丈な素材として知られており

頑丈さが求めるシーンで使われています。

  • テント
  • 帆船の帆
  • パラシュート
  • 石炭運搬用袋

 

耐久性が必要なシーンで使われている帆布素材なので、

キャンプシーンでも充分すぎる程の耐久性があります。

 

「アウトドアショップの人」になれるテンマクデザインのキャンプエプロン。

そんなテンマクデザインのキャンプエプロンを

付けてみました。

f:id:mabo2011:20220413070831j:plain

↑もうちょっと上にあげて付けると、もっとかっこいいです。

付けてテントを設営するだけで

”こなれ感”が爆上がり(笑)

アウトドアショップの人みたいな雰囲気がでます。

f:id:mabo2011:20220413073002j:plain

え?出てない(笑)

と、いうことで(笑)

キャンプエプロンの効果は絶大です。

 

テンマクデザインのキャンプエプロンは収納力抜群。

と、いうことでキャンプエプロンを

実際のキャンプで使ってみました。

 

収納ポケットが多いので、

  • スマホ。
  • タバコ。
  • ペグ。
  • ペグハンマー。
  • 火吹き棒。
  • ハンカチ。
  • ティッシュ。
  • 革手袋

等など、”探しがち”の道具を収納できるので

キャンプ中のイライラが無くなります。

f:id:mabo2011:20220413073041j:plain

 

ペグや

f:id:mabo2011:20220413071119j:plain


ペグハンマーは、

テントの設営時、撤収時のみですが

f:id:mabo2011:20220413071130j:plain

 

それ以外は、軽いものばかりなので

ポケットに入れてままで

歩きまわっても負担になりませんでした。

 

キャンプエプロンは見た目も機能性もバッチリ!

ということで、

テンマクデザインのキャンプエプロンを紹介しました。

f:id:mabo2011:20220413073231j:plain

 

  • ワンポイントが魅了する。
  • 「帆布素材」が頼もしい。
  • 「アウトドアショップの人」になれる。
  • 収納力が抜群。

 

テンマクデザインのキャンプエプロンは、

見た目はもちろん、機能性も高く

それでいて、4,000円とお小遣いでも購入できる価格帯です。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、ソロキャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

キャンプエプロンを使って

オシャレに、探しものをしない

キャンプを楽しでみませんか〜?

 


 

ではまた。