まさたけのDIYとキャンプ日記

2013年〜DIYを始め。 2012年〜子育てが始まり。 2019年〜キャンプデビュー。 DIYもキャンプを初心者目線で毎日ブログ更新中。

初心者キャンパー様へ。テントを選びで迷わない為の知識を身に付けよう。

どもmasa takeです。

キャンプを始めたい方が最初に知りたい事といえば、
お勧めのテントってある?
なんです。

たぶん帰ってくる答えは、
その人が使っているテントの感想で、

あなたの心に響かない事も多いのでは??

という事で、

テントの形、生地の特徴、設営の難易度‥など。

テント選びで迷わない為の知識を身に付けましょう。

f:id:mabo2011:20201207195044p:plain

 

 

あなたに合うテントは見た目から

テント選びの最初の段階は、

見た目。です。

まずは、どのテントが好みかを決めましょう。


テントの種類は、大まかにいうと、

  • ドーム型テント
  • ツールームテント
  • ワンポールテント
  • パップテント

この4種類に分かれます。


まずは、どの形が好きか決めましょう。

ドームテント

 

 

 

ツールームテント

 

ワンポールテント

 

 

 パップテント

 

好きな形は決まりましたか??

では、次に行きましょうw

 

 

テントの素材をみる

テントの形が決まったら、
テントに使用されている素材を確認します。

テントの素材は、

  • ポリエステル
  • ポリコットン
  • コットン

の3つに分けられます。

 

素材によって機能性と、管理の難易度が上がります。
選ぶ基準としては、

  • 軽さ
  • 収納性
  • 乾燥(スピード)
  • 耐火性

軽さ

キャンプギアは持ち運びするので、
軽さは大切な要素となります。

 

収納性


また、車に載せる際は
収納した際のコンパクトさも、気になるところでしょう。

 

乾燥

翌日の撤収の際、

地面への設置面、

寒い時期であれば、テント内部軽く結露している事があるので、

カビを発生させない為にも、

収納前には乾燥させることが必要です。

 

耐火性

キャンプの醍醐味である焚火。

テントの近くで焚火をすると、
火の粉で穴が空くことがあります。そこは耐火性で表記。


この4つを3段階で表記しました。


ポリエステル

軽さ:☆☆☆
収納性:☆☆☆
乾燥:☆☆☆
耐火性:☆


軽くて、収納性に優れ、すぐ乾くので初心者の方でも安心して使えます。
ただ、耐火性が無いので、焚き火は火の粉が飛んで穴が空かないように、少し離れた場所で。

ポリコットン

軽さ:☆☆
収納性:☆☆
乾燥:☆☆
耐火性:☆☆


ポリエステルとコットンを混ぜた記事なので、コットンの耐火性と風合い。
コットンの軽さ、収納性、乾燥のしやすさの良いとこ取りした、最近話題の記事です。ワンポールテント、パップテントに使われている事が多いです。

コットン

軽さ:☆
収納性:☆
乾燥:☆
耐火性:☆☆☆


軍放出品など、ガチ目のテントはコットンで作られていますw
素人は手を出さない方が良いと思うw

ワンポールテント、パップテントに使われている事が多いです。

レビューを確認する


私がよく確認するのは、Amazonレビュー。
レビューを活用すると、
あなたの気になる事が解決します。

 

また、写真を掲載している方もいるので、

実際に使っている方の写真を見る事によって、

イメージが膨らみます。

 

☆が1つだったりするレビューは、
不良品を手にしたり、
そもそもその商品が、
その評価をした方の理想とかけ離れている場合が多いですので、
そこを気にしすぎない事。

 

質問の検索から、気になるキーワードで検索しましょう。

今の時期だと、”冬”で検索すると、
〇℃で使いましたが・・・。
等の、具体的な内容が記載されています。

是非活用しましょう。

 

キャンプに使うテントに必要な、最低限の機能とは?

結露しないテントを選ぶ

ポリエステルのテントを選ぶ際、

ベンチレーションが付いているモノを選んでください。

f:id:mabo2011:20201207190534j:plain

テントには、ベンチレーションといって、
テント内の空気を循環させて、
結露を防ぐための、換気口が付いています。

f:id:mabo2011:20201207190615j:plain

このベンチレーションが無いと、
テント内と、外気温の差が出て、結露が発生。
シュラフが濡れてしまう原因になります。

付いていないテントの例として、ピクニックで使用するようなテントには、

この機能がついていませんw

このテントは、昼間使われることを想定したテントなので、

ベンチレーションが無いです。

 

また、ポリコットン、コットン素材の場合は、

空気を遮断しないので、結露の心配は不要です。

 

荷物を置くスペースの確保

テントの広さを表記する目安で、
〇人用と表記されています。

家は4人家族だから。

といって4人用テントを購入すると、
荷物の置き場所に困る事があります。
いや、困りますw

 

テントに行く人数+荷物の置き場所を確保するため、
+1~2人用のテントを選びましょう。

 

 

 

選ぶためのポイントをもう少し読みたい方はこちらも。 

mabo2011.hatenablog.com

 

  購入をためらっている方は、レンタルする方法もあります。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

 ではまた。