D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

初心者が迷わないテントの選び方。ポイント6つをご紹介。

ども、masa takeです。

 

今回は、テントについての記事です。

テントには、様々な

形、色、広さ、見た目、素材があって、選び方に迷うと思います。

今回は、キャンプを始めようと思っている方、

キャンプを始めたばかりの方向けに、テントの選び方をご紹介します。

f:id:mabo2011:20201120063638p:plain



  

見た目

 外で使うものだから、機能性でしょ!?

とかも思いますが、

外で使えないテントを作っているブランドはないと思います(笑)

自分好みの見た目を大事にしましょう。

 トイレから戻ってくるときー、

ふとテントが視界に入ってきたとー、

Instagramにあげるときー、‥など。

キャンプを楽しむために、

テンションを上げるために、

見た目を最重要視しましょうw

迷ったときは、どっちの見た目が好きか?で選ぶと良いです。

 

 テントは、色々な形があるんですよね。少し解説します。

ドームテント

価格:☆☆☆

見た目:☆

設営:☆☆

広さ:☆

お手頃な価格で手に入れる事ができます。

私が初めて使ったテントはこのドームテント。

設営も1人で可能、狭くはないです。

f:id:mabo2011:20201120053954j:plain

テントだけで使用するのもいいですが、

それだけじゃ寂しいので、

タープを組み合わせると、いいです。

タープ下がリビングスペースになり、

更に格好良くなります。

f:id:mabo2011:20201120054141j:plain

使用しているテント・タープ

※色違い含みます。

 

  

ツールームドームテント

 

価格:☆☆

見た目:☆☆

設営:☆

広さ:☆☆☆

 

居住スペース(寝るところ)とリビングスペース(過ごすところ)を、

1つのテントで、

2つのスペースをつくれる優れもの。

このタイプのテントでしたら、

追加でタープを購入する必要もないので、その辺を考えると、

ドームテントより値段が上がるのも納得です。

 

中が広くて、天井も高い。人気の理由も納得。

家族向けにおススメ。持っている人が多い。

慣れるまでは、数人で設営するのが良いようです。

 

形あるものは、いつか壊れますが、

ポールが風で折れた、設営時に折れたというレビューをよく見るので、

この形はスルーしました。

人気だから、他の人と被るしw

 

by カエレバ

 

 

 

 

 

 

 

ポールテント

価格:☆

見た目:☆☆☆

設営:☆☆☆

中の広さ:☆☆

 

女性比率の高い家族なら、このタイプを強くお勧めしたい。

ポールテントは割と、人と被らないです。

ポールテントは、見た目が良く、設営が楽

女性は、見た目が良くて簡単なのが好きなんですw

 テント内の中心は高くて気持ちがいいですが、

端っこに行くほど天井が低くなるので、広々はしてないです。

端っこに荷物を置くなど、工夫が必要。

 

設営は1人でもでます。

テントを広げて、ペグダウンをしていくだけ。中からポールを立てれば完成です。 

f:id:mabo2011:20201120054510j:plain

風を受けにくい構造なのもポイント。

写真のテント

by カエレバ

 

カラー

色はそれぞれ好みがあると思いますが、

個人的には、アースカラーの中から選ぶことをお勧めします。

キャンプサイトにも馴染みますし、アースカラー同士だと合わせやすいです。

個人的には、黒が一番カッコいい。

妻は、タン(ベージュ)が好きです。

  

通気性

テントって、インナーとフライシートに2枚組で使うものが多いんです。

洋服で例えると・・・。

インナーは下着見たいモノで、メッシュ部分が多く、通気性の良い仕様になってます。

なので、それだけでは、見た目が悪いし、機能性も心細いw

f:id:mabo2011:20201120054709j:plain

そこで、上から羽織るモノが必要です。

それが、アウター的存在のフライシート

f:id:mabo2011:20201120054729j:plain

見た目を良くして、風雨からテント内を守る役割を果たします。

 

ここから結露の話に。

通気性を良くしておかないと、寒い時期にテント内に結露がおきて、

シュラフが濡れて寒い夜を過ごす。事になります。

冬、密閉した車の中で過ごしていると、窓ガラスが結露するでしょ?

アレです、アレ。

 

インナーテント・フライシート間の空気の循環が悪かったり、
テント内の人の息、体温と、
外気温とテント内の温度差により結露が発生します。

※10℃以上温度差があると結露が発生すると言われてます。

フライシートだけの結露であれば、フライシートを乾かせばいいのですが、
シュラフまで濡れると、夜中に温もることができずに、睡眠できないという事も。

 

そんな思いをしないためにも、

空気が循環するベンチレーションが付いているテントを購入しましょう。

私が持っているテントでいうベンチレーションは、赤丸のトコ

f:id:mabo2011:20201010081938j:plain

 

このベンチレーションがある事で、

空気が循環し結露を防止します。

f:id:mabo2011:20201119185034j:plain

 

広さ

テントを使用する人数

+1~2人分余裕のあるテントを選びましょう

ソロキャンプでは、

1人用のテントを使用していますが、

1人用テントだと荷物置くとこ無いんですよね~w

荷物を置くスペースの為に、

1人~3人で使用するのであれば、+1人分余裕のあるテント。

4人以上であれば、

+2人分余裕のあるテントを選ぶと快適です。

 

 

素材

 素材は機能性と見た目に直結するんです。

 素材については、こちらの記事で確認できます。

mabo2011.hatenablog.com

↑この記事のまとめですが

ポリエステル:
メンテナンスを面倒に感じる方、軽さを重視する方。キャンプ初心者以上向け。
コットン:手入れなんて面倒に感じない。軍放出品とかの軍幕がいい!玄人向け。
ポリコットン:手入れ簡単で、見た目もいいヤツがいい。誰でもOK。

てな感じです。

 

まとめ

 

いかがでしたか??

テント選ぶだけでも、色んなモノから1つ選ぶのって辛いと思います。

  • 見た目
  • カタチ
  • カラー
  • 通気性
  • 素材

を基準に選んでみましょう。

 

ってことで、私が使っているテントはコチラ

 

 

 

 

価格 150,000円くらい

見た目 最高
カタチ ポールテント
カラー タン(アースカラー
蚊帳の有無 なし
通気性 良い
素材 ポリコットン

 

 

 

価格 8,000円くらい

見た目 まぁまぁ
カタチ ドームテント(ソロ用)
カラー ブラック(アースカラー
蚊帳の有無 なし
通気性 良い
素材 ポリエステル

 

今回はファミリー用だったので書いてませんが、

ソロ用だとパップテントを使用しています。 

mabo2011.hatenablog.com

 

 

 

ではまた