D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

テーブルが揺れる原因は、テーブルの構造を知るとわかる!

テーブルの揺れが原因で、

イライラしたり、集中できなかったりしませんか?

f:id:mabo2011:20210710072214j:plain

 

テーブルの揺れの原因は、

  • 脚の長さが違ったり。
  • 脚の下にゴミがあったり。
  • 床が傾いたり、凹んでたり。
  • テーブルの補強が足りなかったり。

大体の原因はこの4つに当てはまります。

この揺れを早く改善して、勉強や仕事に集中したいですよね。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

テーブルの構造を解説します。

構造を知ることで、揺れの原因を特定することができますよ。

 

f:id:mabo2011:20210710080823j:plain

 

 テーブルは4つのパーツから成る

テーブルは、

  • 天板
  • 幕板

この4つのパーツを組み立てて作られています。

f:id:mabo2011:20210710074936j:plain

 

テーブルの種類や大きさによって、省かれている場合もありますが、

この4つのパーツを覚えてて損は無いので覚えておくと良いです。

 

天板の役割

天板:テーブルの顔。モノを置いたり、作業するスペースとなるテーブルのメインとなる場所。

 

 

f:id:mabo2011:20210710074815j:plain

 

幕板の役割

幕板:天板の歪みや、テーブルの揺れ防止、天板と脚を繋げるテーブルの中核となる部分。

f:id:mabo2011:20210710075042j:plain

 

脚の役割

脚:脚の長さによってテーブルの高さが決まります。

天板の次に目につく場所。デザインに大きく影響します。

細いとスタイリッシュ、太いと無骨な見た目になります。

細い脚の場合は、木材より頑丈なアイアン素材を使ってます。

f:id:mabo2011:20210710074827j:plain

貫の役割

貫:脚と脚を繋いで、テーブルの揺れ防止、テーブルの耐久性を向上させる部材。

高さのあるテーブル程、貫の有り無しで揺れの影響が大きく出ます。

デザインを邪魔することが多く、

おしゃれなダイニングテーブルには省かれてます。

f:id:mabo2011:20210710074834j:plain

 

揺れの原因に対する対処方法

テーブルの揺れの原因は、

天板以外のテーブルのパーツに原因がある場合があります。

 

幕板に不具合がある

幕板と脚を繋ぐ幕板には、ビスやボトルで留めている場合が多いです。

ビスやボトルが緩んでる場合は、増し締めをすることで、

揺れが改善する場合があります。

 

脚に不具合がある

脚の不具合は、

  • 脚の長さが違う。
  • 脚にゴミなどを敷いてしまっている。
  • 脚が付いている床自体に原因がある。

これらの原因ががあります。

長さが違う場合は長さ調整を。

ゴミを敷いている場合は、ゴミの除去を。

床自体に原因がある場合は、その改善を行う必要があります。

 

貫に不具合がある

貫の不具合は、

  • 貫と脚を繋ぐビスやボルトの緩み。
  • 貫がないテーブル。

の原因があります。

ビスやボルトの増し締めや、貫を追加するなどの対応が必要です。

 

いかがでしたか??

テーブルが揺れて、勉強や仕事に集中できない場合は、

各パーツの役割を知ることで、

対処法が見えてきます。

 

ではまた。