D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

夏キャンプの暑さ対策。快適に過ごすスケジュールと方法を紹介。

「夏キャンプを楽しみたい」
「テント設営時に熱中症を防ぎたい」
「朝日を浴びて、浴びすぎて朝から汗かいた」
「夏だけど、できるだけ汗をかきたくない」

 

この記事で、夏用のャンプの暑さ対策を失敗談を語ります。

f:id:mabo2011:20200904073310p:plain

 

とういう事で、先日初の夏キャンプをしてきました。
冬と違い、夏は暑い。
↑当たり前w
冬と違い、夏は日が長い。
↑当たり前w
夏には夏のキャンプの楽しみ方があると感じてます。
皆さんが夏キャンプを楽しめるように、

夏の暑さ対策バージョンのタイムスケジュールと私の失敗を紹介いたします。

 


16:00 遅めの出発で暑さ回避


出発時間を遅くして、暑さを回避。
夏は暑いので、道中も車内のクーラーが効きにくかったりするもの。
昼間から出発なんてしなくていいです。昼間は家のクーラーで涼んでおきましょうw
道中で買い物をして、17:00くらいにキャンプ場に到着するようにしていけばOKです。

 

17:00 日が落ちる前にテント設営


この時間にキャンプ場へ到着しておくと、暗くなる前にテント設営が完了します。
設営前にしておくことは、蚊取り線香への着火。
コレで、蚊に悩まされる事が減ります。

テント設営は簡単に済ませましょう。

f:id:mabo2011:20200904072143j:plain

テント設営完了



先日初めて購入したバンドックの軍幕ですが、30分もあれば設営が完了します。タープ要らずの男前テント。おすすめです。

 

mabo2011.hatenablog.com

 昼間に比べると、少しだけ涼しいので汗もかきにくいです。

こういうモノがあると便利です。

18:00 はじめの1本で喉を潤す

楽しみにしていた、ソロキャンプ!
↑卒業式風
という事で、家が完成しました。祝杯の時間です。
ビールで乾杯です。

f:id:mabo2011:20200904072323j:plain

もう汗かく事はないので、虫よけスプレーをしておきましょう。

 

19:00 焚き火は控えた暑さ対策


薄く暗くなってきます。
夏は暑いので、夏キャンプでは焚火をしません。

※夏は焚火する人が少ないです。


かと言って、火を見ないと落ち着かないあなたにお勧めの癒し方法を紹介。
空き瓶に100円均一のロウソクで癒しの時間をどうぞ。

f:id:mabo2011:20200904072341j:plain

一晩で、3つほどロウソクを持っていくといいです。
荷物の軽量化にもなります。

でも本当はこんなのが欲しいw荷物重くなるけどw

お金貯めて、勉強して買います。待っててね。オイルランタン。

 

19:30 1人宴会開始。バーナーを使って涼しく調理

 

ぼちぼち、つまみを作ります。
夏はバーナーで調理します。ソロキャンプでは調理の手間を省く事をお勧めします。
この日のメニューは、総菜のごぼうサラダ。

f:id:mabo2011:20200904072432j:plain

ごぼうサラダ 太らないようにベジタブルファーストで

ウインナー

f:id:mabo2011:20200904072501j:plain

オリーブオイルとチーズが混ざっているウインナー

ししゃも

f:id:mabo2011:20200904072606j:plain

ごま油を多めにひいて焼かないと焦げ付きます

〆の味噌煮込みうどんでした。

f:id:mabo2011:20200904072630j:plain

味噌煮込みうどん

 

mabo2011.hatenablog.com

 
2~3時間くらいかけて食べましたねw
家で子どもに、早く食べなさい。と言ってますがw
ソロキャンプでは、もう自由すぎwww

 

22:30 片づけ


という事で、面倒なお片付け。
寝る前は、食材、クッカーを地べたに置いておくのはお勧めしません。
食材はクーラーボックスの中。
ゴミは猫などに漁れない高い位置に。
クッカーは乾燥できるように引っ掛けておきましょう。
夏はシュラフが無くても眠れます。長崎は。
では、おやすみ

 

7:00 朝日に背を向けて暑さ対策すべし


おはようございます。
太陽が顔を出したら、同時に気温もグングン上がります。
私は、テントの向きを失敗しましたw

f:id:mabo2011:20200904072757j:plain

朝日が・・・。



テントを跳ね上げると、朝日がモロにテント内に差し込むではありませんかw

朝ごはん食べて帰ろうと思いましたが、今回は諦めます・・・。

ココで学んだのが、テントの向き。
テントは朝日に背を向ける向きで設営しましょう。
あー、悔しい。

 

8:00 撤収


という事で、撤収開始。
悔しいですが。
ここから時間との闘い。遅くなればなるほど、気温が上がります。


9:00 カンカン照りになる前に帰路につく


最後にゴミが落ちていないか
ペグの抜き忘れがないか
そのほか忘れ物がなければ、帰りましょう。


いかがでしたか?
ポイントとしては、朝日がどこから上がるのか?
涼しいうちに、設営・撤収を行う事が快適に過ごすコツの1つです。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

ではまた。