D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、毎週2回(月・金)更新。

A4用紙でだれも簡単にできるステンシルの方法は?

DIYをしていると、ステンシルを使って

ワンポイント入れたくなる時ってありますよね?

とはいえ、ステンシルをするための準備が

よくわからないものです。

 

ステンシルは、準備を整えて

ちょっとしたコツを掴めば

誰でも、簡単に行う事ができます。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、DIY歴10年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、DIYを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

この記事では、

ステンシルをするための準備や

コツをお伝えします。

 

物足りなさを感じているモノに

ステンシルをして、

自分だけのモノづくりを楽しみましょう。

 

 

ステンシルとは?

ステンシルとは、

文字や絵柄をくり抜いたシートをあて

塗料(ペイントやスプレー)を使いモノに転写する方法。

 

ちょっと寂しいモノのデザインを

自分だけのオリジナルデザインへ変えることができます。

 

ステンシルの素材はどこで手に入れる?

ステンシルをするといっても

完全オリジナルのデザインするのは

手間がかかるし、自信がない人もいるはず。

私には無理です(笑)

 

そこでお勧めなのが

フリー素材をダウンロード。

 

絵柄はココをよく使ってます。

icooon-mono.com

 

 

文字は”ステンシル””ローマ字””ダウンロード”

で検索すると、色んなサイトが出ています。

kurashi-no.jp

 

お好みのフォントを探してみましょう~。

 

”太く”て”シンプル”なデザインがお勧め。

ちなみに、ステンシルシートをつくる際は

細くて、細かいモノはめちゃ大変です。

 

最初は”太く”て”シンプル”なモノがお勧め。

 

コツを掴むまでは

”太く”て”シンプル”な絵柄やフォントで

腕慣らしをしましょう。

 

 

ステンシルシートを作ってみる。

お気に入りの”ステンシル素材”が見つかったら

ステンシルシートを作成していきます。

 

デザインもですが、大きさも確認が必要です。



ステンシルするモノに合わせてみましょう。

 

ステンシルシートをつくる際は、

一般的に”プリントアウトした紙”と、

”クリアファイル”を使います。

 

クリアファイルが無い場合は

”プリントアウトした紙”だけでもOKです。

  • 紙は使い捨て。
  • クリアファイルは繰り返し使える。

 

カッター用の下敷きの上に、

絵柄を印刷した用紙を置いて、マスキングテープで固定。

 

その上から、ある程度の大きさにカットした

クリアファイルをマスキングテープで固定して。

 

クリアファイルと、

印刷したマークを一緒にカットしていきます。

 

Wi-Fiマークのステンシルシートの完成です。

 

紙でもステンシルができる。

クリアファイルが家に無くても

A4用紙でもステンシルは可能です。

 

ステンシルする場所に

くり抜いた用紙をマスキングテープで貼ります。

※この時は、用紙にたるみが無いように。

 

塗料はミルクペイントを使います。


 

 

 

布やスポンジなどに、擦れるくらいの塗料を取り

トントンしていきます。

※塗料を取りすぎると、滲む原因になります。

 

滲んでも、なんとかなる。

作業が終わったので

シートを外していきます。

 

実は、ちょっと失敗して

赤丸あたりが滲んでました(笑)

ヤスリをかけて今の形になってます。

 

実はこの部分、

塗料のつけすぎで滲んでしまったんですよね~。

今回は木材の上からだったので

修正が出来ました。

 

ステンシルした上から、

オールドウッドワックスを塗ると

いい感じになります。

 

 

A4用紙で誰でも簡単にステンシルができる。

と、いうことで

A4用紙を使ってステンシルを行いました。

 

A4用紙のステンシルシートは

使い捨てになりますが

これなら、だれでも簡単に、自宅にあるもので

ステンシルを楽しむことが出来ますね。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

A4用紙だけでもできるので、是非試してみてください。

 


 


 

 

ではまた。