まさたけのDIYとキャンプ日記

2013年〜DIYを始め。 2012年〜子育てが始まり。 2019年〜キャンプデビュー。 DIYもキャンプを初心者目線で毎日ブログ更新中。

ペグの使い勝手を、シュチュエーション毎にランキング

テントに付属しているペグ
曲がってませんか?
次回のキャンプで使えるか不安。

キャンプ初心者によくある悩みの1つ。

付属ペグの卒業式。


付属しているペグは、
お試し用なので・・・。
ずーっとは、使用できないんですよね。

付属ペグから卒業するために、

継ぎのペグの購入は何を買えばいいのか。
私が使用してきたペグを、
シュチュエーション毎にご紹介します。

f:id:mabo2011:20210117144307p:plain

ペグの種類

ペグの種類は、5種類あります。

チタンペグや鍛造ペグですが、

私のような貧乏キャンパーには高級ペグ(笑)


まだ手に入れてませんので、
今回のランキングは除外します。

チタンペグ、鍛造ペグ以外を、
シュチュエーション毎にランキング。

f:id:mabo2011:20210117144317j:plain



ペグは数種類持っておくと良いです。
ではいってみましょう。

 

硬い地面に向いているペグの順番

  1. スチールペグ
  2. アルミ製Vペグ
  3. ピンペグ
  4. プラスチック製ペグ

硬い地面にペグを使用する場合、

ペグをハンマーでガンガン叩く必要があるので、
ペグの頑丈さが大切。


スチールペグは変形しにくいペグです。
硬い地面で使用するなら、スチールペグ1択です。

バンドックソロベースのVペグは、

こんな事になりました(笑)

f:id:mabo2011:20210117142858j:plain

f:id:mabo2011:20210117142823j:plain

 

ちなみに・・・。
硬い地面には、チタンペグ・鍛造ペグも有効。
ただ、使ったこと無いのよね。
無責任なこと言えないので、
手に入れたら、再度レビューします。


柔らかい地面に向いているペグ

  1. アルミ製Vペグ
  2. プラスチック製ペグ
  3. スチールペグ
  4. ピンペグ

柔らかい地面は、ペグが刺さりやすい反面、

ペグが抜けやすいんです。

アルミ製Vペグは

棒状のペグに比べると、地面との接地面が多く、
抜けにくいです。
プラスチック製ペグも、ねじ山が付いたような
特殊な形もあり、砂浜で使えます。

 


軽いペグ

  1. ピンペグ
  2. アルミ製Vペグ
  3. プラスチック製ペグ
  4. スチールペグ

バックパックスタイルで、
公共交通機関等を使ってキャンプに行く方は、
軽さも重視したいところ。

ここにチタンペグが入ってくると、
この上位にチタンペグが入ってきます。
持ってないからな~。やっぱりほしいな、チタンペグ(笑)


最強ペグはどれ?


どのペグにも一長一短ありますが、

車やバイク移動である方

荷物に制限が無い方

重さにへっちゃらの方であれば、


スチールペグが最強です。

理由は以下の通り

  • 頑丈さNo1(今回の比較で)
  • お手頃価格
  • 砂浜以外はどんな地面でも対応可能

が理由です。

デメリットは重たいことくらいです。

付属のペグを卒業するなら、
まずはスチールペグです。

 

 

貧乏キャンパーも、

とうとうチタンペグをポチりました。

使用感はまた後日。

 

 

ではまた。