まさたけのDIYとキャンプ日記

2013年〜DIYを始め。 2012年〜子育てが始まり。 2019年〜キャンプデビュー。 DIYもキャンプを初心者目線で毎日ブログ更新中。

オードーメイドできる、電球ソケットを使って、裸電球を付けました。

「お洒落なリビングにしたい」
「裸電球をリビングに」
「手軽に照明を付けたい」

と、いう事で

先日リビングの天井に、ソケットと電球を取り付けました。

f:id:mabo2011:20210301060321j:plain

 

今日は、その方法の記録です。

f:id:mabo2011:20210301062756p:plain

 

必要な材料


当家では、天井から出ている
シーリングボディが、
超中途半端な位置にあるので、
裸電球をダイニングテーブル上まで
持ってくる必要があります。

なので、シーリングボディから、

ダイニングテーブルまで持ってこれる

コードの長さが必要だったり、

シーリングカバーといって、

シーフィングボディー隠す

シーリングカバーが必要だったりします。

 

 

注文時にオーダーメイドできるソケット

自宅によって、コードの長さや、必要な物は違うものです。

痒いところに手が届く、オーダーメイド感覚で注文できる、

電球ソケットがあります。

 

コードの長さ

コードカラーの色

プラグ交換

シーリングカバーの有無

コンセント用プラグへの変更

痒いところに手が届きますよね~。

本当お勧め。

当家は、シーリングカバーを付けて、

コードの長さを長くして、

7,287円でした。

 

真鍮の金具

f:id:mabo2011:20210301055357j:plain

お洒落な雑貨屋で購入。
amazonとかで探せないので、画像だけです(笑)

 

LED スワンバルブ

お洒落な電球です。

裸電球を楽しむなら、フィラメントの形は重要。

f:id:mabo2011:20210301060401j:plain

ケーブルクリップ

f:id:mabo2011:20210301055517j:plain

ソケットno

ケーブルの長さ調整に使います。

 

取付方法

まずは、ダイニングテーブルの真上に付けるため
位置決めを行います。

 

位置が決まったら、真鍮の金具を取り付けます。

f:id:mabo2011:20210301055847j:plain

この2つの穴に印を付けます。

 

当家の天井は石膏ボードなので、
ビスのみでは金具が留まりません。

 

真鍮の金具に付属している、
石膏ボード用の中空ボードアンカーを使用します。

 

通常このようなアンカーには、
説明書が付いていますが、

金具に付属していたモノなので、説明書がなかった(笑)

 

なんとか自力で。
アンカーの直径と同じ穴を開けます。
今回は5mmのアンカーだったので、天井に付けた印部分に、
5mmの穴をあけます。

f:id:mabo2011:20210301055940j:plain



穴を開ける際は、石膏ボードの粉が落ちてくるので、
ドライバーをお花のようにして行うと、
汚れ防止になります。

f:id:mabo2011:20210301055923j:plain

穴が空いたら、アンカーを入れます。
最後は金槌で入れ込んであげます。

 

左がアンカー入れてます。

f:id:mabo2011:20210301060019j:plain

 

続いてビスで金具を留めます。

マイナスのビスもかわいいですね。

f:id:mabo2011:20210301060036j:plain

 

後は、もともと天井に付いていた
シーリングボディーにソケットをはめこみ

金具にコードを引っ掛けて、

電球の高さを、ケーブルクリップを使って
調整します。

f:id:mabo2011:20210301060213j:plain

ソケットに電球を付けたら完成です。

f:id:mabo2011:20210301060227j:plain

いかがですか?

f:id:mabo2011:20210301060321j:plain


石膏ボードに穴を開けるって、
結構ハードルが高いですが、
方法を知っておくとできるモノです。

 

失敗した穴は、埋める事もできますので、
ご安心を。

 

ではまた。