D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

寒さ対策に、シュラフにインナーシュラフとシュラフカバーを使ったら寒くなかった。

自称倹約家で(笑)
寝袋はいくつも購入したくない。
春秋用寝袋で、
冬のキャンプを乗り越えたい。

今日は貧乏キャンパーが

を使ってみた感想をお伝えします。

f:id:mabo2011:20210204073300p:plain

 

シュラフ

ベースとなるシュラフはコチラ。

ヒマラヤスポーツのプライベートブランド

  • 化繊とダウンを使用したハイブリットシュラフ
  • 重量1kg
  • コンパクトに収納できる
  • 温度調整の為に足元が開閉できる

快適温度0度って記載がありますが、
0℃の環境下では寒いです。


快適温度は、あって無いようなもの(笑)
実際に使用する温度-10℃くらいを基準に
購入した方がいいと言われています。
それを知っておけば、
もうちょいお金出したのに~(笑)

 

インナーシュラフ

 

  • フリース生地
  • ひざ掛けとしても使える


インナーシュラフの役割は2つ

 

シュラフに直接肌が触れる場所は、
汚れが付いてしまいます。
シュラフをよく見ると、
頭付近が汚れている事もあります(笑)


インナーシュラフを使用する事で
直接肌に触れる場所を少なくし、
シュラフの清潔を保ちます。


もう一つは、保温効果の向上。
空気の層が、もう一つ増える為、
暖かくなります。
冬キャンプの際は、
保温効果が特に大切です。

 

シュラフカバー

  • コンパクト
  • 軽量


シュラフカバーの役割

 


冬のキャンプは結露との闘い(笑)
夜間帯はグッと気温が下がるため、
テントの内側は結露します。

f:id:mabo2011:20210204072233j:plain

パップテントを使用しているので、
寝床のすぐそばに結露したテントがあるので、
寝返りの際は、シュラフが濡れないか
気を遣います(笑)


シュラフカバーも空気の層が一枚増えるので
保温効果が期待できます。
これで寒さ対策は充分です。

 

使ってみた感想


最低気温4度の環境で使用

  • ヒートテックの極暖を上下
  • 防風素材のズボンに
  • プレミアムダウン
  • カイロを脇に1枚貼って寝ました。

寒さを感じる事はなく、快適に眠れました。

 

ちょっと気になる問題点


シュラフカバーが、湿気を逃しにくい構造で、
シュラフシュラフカバーの足元が
体から出る水蒸気?で
濡れていました。

f:id:mabo2011:20210204072246j:plain

キャンプ終了後は、しっかり乾かす必要があります。

f:id:mabo2011:20210204072359j:plain

寝袋に入るのに一苦労します(笑)
3枚も重ねてるから当然です。


ちなみに、

シュラフ

インナーシュラフ

シュラフカバーの金額は
合計15,274円です。

 

お金を出す余裕のある方は、
冬でも対応できる寝袋を。

すでに寝袋を持ってて、
私のように倹約家や、寝袋を追加購入したくない方は、
インナーシュラフシュラフカバーを。

 

ではまた。