D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

不便を楽しむキャンプ!ロマン溢れるキャンプ道具3選。

f:id:mabo2011:20210915071926j:plain

日常生活では、便利さを。

キャンプにはロマンを。

はい、自論です(笑)

 

キャンプは外で生活する趣味。

よく言われている事ですが、

キャンプは不便を楽しむもの。

 

そうなると、

キャンプ道具は便利なモノが正義!

じゃなくて、

「ロマンのある道具」

を使うことで、

より不便を楽しむことができます。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

ロマン溢れるキャンプ道具を3つ紹介します!

 

そもそもロマンって何??

ロマン、浪漫って言いますケド、

ただ言いたいだけでしょ!?

 

と言われないように、

まずはロマンって何?

を共通認識しておきましょう!

 

ロマンとは、

感情的、理想的に物事をとらえる。

個性・自由・神秘的な体験。

 

このあたりをロマンと言うらしいです。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

抽象的すぎて、だいたいイメージ通りですね(笑)

 

ということで、キャンプ道具を3つ紹介していきます。

 

アルコールストーブ

まずはアルコールストーブ。

私が持っているキャンプ道具の中で、

1番ロマンチックなキャンプ道具です。

 

経年変化による「個性」が出てきたり。

f:id:mabo2011:20210915055937j:plain

 

本燃焼になるまでの時間がワクワクしたり。

f:id:mabo2011:20210915060032j:plain

 

本燃焼になると、周りからも青い炎が出る感じが神秘的で。

f:id:mabo2011:20210915060039j:plain

 

約100gで手のひらサイズ。

軽くてどこにでもイケる「自由度が高い」です。

f:id:mabo2011:20210915060054j:plain

 

「キング・オブ・ロマン」なキャンプ道具です。

mabo2011.hatenablog.com

 


 

 

 

ロゴスのキャンドルランタン

続いてご紹介するのは、ロゴスのキャンドルランタン。

オイルランタンとすごく迷いましたが、

軽量コンパクト化にハマっているの私は、

こちらをチョイス。

 

キャンドルに火をともすと、

揺らめく炎がサイトを「理想的」な雰囲気にしてくれます。

f:id:mabo2011:20210915060307j:plain

 

ビールを飲みながら

ふとキャンドルランタンに見てしまうと、視線は釘付けに。

キャンプはどんな過ごし方をしていい「自由」な時間です。

 

お値段もお安く、私好みに塗装しました。

これもまた「個性」です。

f:id:mabo2011:20210915060332j:plain

 

mabo2011.hatenablog.com

 


 

 

ダイソーのスキレット

続いてはクッカーです。

普段はメスティン推しですが、

ロマン溢れるクッカーは、メスティンよりスキレットかな。

f:id:mabo2011:20210915060345j:plain

 

テフロン加工しているフライパンの方が絶対ラクなんですが。

だけど、あえて手をかけることで「愛着が沸きます。」

 

スキレットはシーズニングといって、

調理後はスキレットが錆びないように、

油を塗って、焼き切る作業が必要なんですが、

 

この手間が、「道具を大事にしてる感」があって良いんです。

 

分厚い鉄板で丈夫なため、

焚き火にかけても、へっちゃらです。

「熱源の自由」があります。

f:id:mabo2011:20210915061237j:plain

 

また、分厚い鉄板なので

スキレット自体に蓄熱します。

 

食材をしばらく保温するので、

火からおろしても、しばらく食材が暖かいです。

f:id:mabo2011:20210915061424j:plain

 

熱々のウインナーを口に放り込み、

ビールをグビグビ飲む!

「贅沢な時間」を過ごせます。

f:id:mabo2011:20210915061433j:plain

 

いかがでしたか??

決して便利ではない(笑)

ロマン溢れるキャンプ道具を紹介しました。

 

キャンプ道具を選ぶ際は、

「便利さよりロマン」

こういう視点で選ぶのも楽しいモノです。


 


 

 

ではまた。