D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

ラブリコ?ディアウォール?どちらがお勧め?

どもmasa takeです。
賃貸物件で壁にビスを打つ事が出来なかったり、
壁に穴を開けるのに、勇気がなかったり。
壁に見せる収納をしたい方であれば、
ディアウォールとラブリコで悩んだことはありませんか?


似たような商品ですが、
実は小さな違いがあります。
今日はどっちを使おうか迷っている方向けの記事です。

 

f:id:mabo2011:20201218211720p:plain

 

取り付け方

ディアウォール
バネで突っ張り固定するだけなので、

ワンタッチで設置ができます。

 

ラブリコ
ネジを回して突っ張り固定する 
なので、届かない場合は、椅子に上って行う必要があります。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by NICO. cafe&DIY (@cafe_diy)

www.instagram.com

耐荷重

1つあたり(1本あたり)の耐荷重です。

 

ディアウォール 20kg

2本だと、倍の耐荷重となります。

ラブリコ 20〜40kg
※種類によります。

 

 

出幅

出幅とは、支柱にとり付けた板が、

支柱から板の先端まで

どれだけ出っ張っていいのか?

赤矢印の長さを差します。

f:id:mabo2011:20201218210901j:plain



ディアウォール

出幅が40 mm 以内に収めないといけません。


ラブリコ

正確な幅は記載しないので、

1本あたりの耐荷重を

20~40kg以内で収めましょう。

www.instagram.com

 

高さ制限


ツーバイフォー材の場合です。

ディアウォール 記載なし

ディアウォールは、屋外仕様を想定していないので、
記載がないのかな。と。


ラブリコ 2750mm

 

 

設置場所

ディアウォール

直射日光や水気の多い場所は避けるように記載があるので、

屋内設置用。と考えよう。


ラブリコ
屋外で使用できるモノがある

 

 

※屋外で使用する際は、木材も塗装する等して、
雨風から守りましょう。

 

 

設置時の工具は使う?

ディアウォール
必要無し

ラブリコ

通常版は必要ないですが、

 

種類によっては必要です。
たとえば、こちら。

こちらの、アイアンアジャスターのラブリコは、

ビスを使用するので、

電動ドライバーがあった方がいいです。

これを手動すると、

けっこうきついw

 

あると便利な工具


水平器
ラブリコ・ディアウォールどちらも、
垂直に立てる為に、
水平器を使って使用した方がいいです。
感覚でやると、
斜めっていますwww

 

価格

ほとんど変わりませんが、


ラブリコの場合、
耐荷重や屋外仕様できるモノがあり、
機能で価格は変わります。

 


木材の選び方


木材は、すべてまっすぐではないです。
だいたいの木材が、多少曲がっている場合が多いです。
傷もあったり、樹脂が出ていたりと。
完璧に近いのは、
傷がなく、
反りが無く、
樹脂が出ていないモノ。
なんですが、
見つけるのには苦労しますw

木材を選ぶ際の優先順位は
①反り
②樹脂
③傷
です。

確認方法は、

①地面に置いてみて、
カタカタならないか?
②樹脂が手に付くと、ペタペタなるので、
樹脂がないか確認を。
頑張れば、樹脂は取り除くことができますw

③傷が無いかの確認を。
傷はあっても、ヤスリをかければ、
トゲが刺さる等の危険性は低くなり、
木材のアジになります。

 

 

どっちがいいの??


ラブリコ、ディアウォールどっちがいいの?
ってことですが、

表でまとめました。

お勧めはラブリコ。

  ラブリコ ディアウォール
取り付け方 ネジ式 バネ式(ワンタッチ)
耐荷重 20~40kg/本 20kg/本
出幅 耐荷重に依存? 40mm
高さ制限 2750mm
設置場所 屋内・屋外可 屋内
使う工具 電動ドライバーがあると良い場合がある 不要
価格 904円 945円
お勧め  

 

f:id:mabo2011:20201218211720p:plain


ラブリコは、色んな種類があるため、

用途に応じて、耐荷重・設置場所から選ぶ事ができます。

設置に手間をかけたくない方は、ディアウォール。

支柱から出幅が40mm以上出そうで、
耐荷重が20kg以上、
んでもって、外で使い方はラブリコ。

この辺が使い分けのポイントになりそうです。

 

ただ、私は多少の手間を苦労しませんので、

出幅制限がない

ラブリコ推しです。

 

ではまた。