D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。毎週2回更新。

キャンプ・自宅兼用「対流式石油ストーブ」を”5つ”比較した結果は?

f:id:mabo2011:20211029081645j:plain

(更新日:2022/9/13)

 

冬キャンプ「おこもりキャンプ」

の準備に、石油ストーブの導入を検討しています。

 

どうせ買うなら、

家とキャンプ場で、兼用したいですよね。

 

とはいえ、

どの「対流式石油ストーブ」がベストなのか

悩みますよね。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、キャンプを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

 

我が家のリビングは、約12畳。

ファミリーキャンプで使用するテントも

ちょっと大きめ、クロンダイクのローベンスグランデ。

こちらも12畳以下くらいのテントです。

f:id:mabo2011:20211029081605j:plain

 

今回の記事では、

「対流式石油ストーブ」を”5つ”を比較し、

我が家が購入したストーブを紹介。

その後、使ってみた感想をお伝えします。

 

 

「対流式石油ストーブ」は、空気が循環する。

今回紹介する石油ストーブは

「対流式」と呼ばれるタイプのモノ。

(何ソレ??)

 

 

石油ストーブには

  • 「反射式」
  • 「対流式」

の2種類があります。

 

「反射式」は、ばあちゃんの家によくあるタイプ。

 

熱源を芯の後ろの反射板に「反射」させて

1方向を温めるタイプです。

 

で、今回紹介する「対流式」がコチラ。

 

温もった空気が上昇することで、暖かい空気が循環します。

なので、自動的に部屋中を温まるんです。

※逆に、横方向にいても、そんなに暖かくない。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

「反射式」は1方向しか温めないから、コタツを併用してるです!

 

 

 

めちゃお洒落な、「アラジン (Aladdin) ブルーフレーム 」

80年以上形を変えない、

対流式石油ストーブの「王様」的な存在。

 

この「レトロな見た目」は、

女性をはもちろん、男性の方も魅了されますよね。

 

「アラジン (Aladdin)」の概要
  • 国:日本(元イギリス)
  • サイズ(mm):高551x幅388x奥405
  • 燃焼時間:15時間
  • 暖房目安:木造7畳
  • 重量:10kg
  • 価格:69,800円

 

※機能性より、見た目重視!

 

バランスの取れた「トヨトミ レインボーストーブRL-250(G)」

 

火の色が美しいレインボーストーブ。

小さな空間なら、灯りとしても機能します。

見た目もよく、コンパクトで燃費のいい

バランスの取れた石油ストーブ。

 

ちなみに2重タンク構造なので、

”倒れても灯油がこぼれにくい”ってのも

魅力的ですね。

 

「トヨトミ レインボーストーブ」の概要 
  • 国:日本
  • サイズ(mm):高485×幅388×奥388
  • 燃焼時間:20~40時間
  • 暖房目安:木造7畳
  • 重量:6.2kg
  • 価格:28,000円

 

 

お洒落な道具が多い、韓国の「newアルパカストーブ」

おとなり、韓国のストーブです。

韓国のキャンプ道具は、機能性が高く

お洒落ですよね。

 

今回紹介する中では

「1番コンパクト」な石油ストーブです。

 

車の積載問題を抱える当家に、このサイズ感は魅力的。

 

 

「アルパカストーブ」の概要
  • 国:韓国
  • サイズ(mm):高405×幅350×奥350
  • 燃焼時間:10時間
  • 暖房目安:13~17㎡(約7~9畳)
  • 重量:6.6kg
  • 価格:32,800円

 

 

コスパ最強の「コロナSLシリーズ」

コスパ重視のコロナの石油ストーブ。

見た目もまずまずで、機能性が高い割には

お値段据え置きなところが良いですよね~。

(安いの大好きッ(笑))

 

暖房目安が17畳なので

家でも、テント内でも

充分温もる熱量が魅力です。

 

 

「コロナSLシリーズ」の概要
  • 国:日本
  • サイズ(mm):高598×幅460×奥460
  • 燃焼時間:10時間※レビューより。
  • 暖房目安:木造 17 畳
  • 重量:11.2kg
  • 価格:19,500円

 

 

男心くすぐる「トヨトミ GEAR MISSION KS-GE67(G)」

最後にもう1つご紹介。

トヨトミの無骨な、大型の石油ストーブです。

 

男はこのタイプが好きですよね(笑)

暖房目安が木造17畳で

見た目もミリタリーテイストで良し!

期待できます。

 

もちろんコレも

2重タンク構造です。

 

「トヨトミ GEAR MISSION」の概要
  • 国:日本
  • サイズ(mm):高583x幅482x奥482
  • 燃焼時間:9.7時間
  • 暖房目安:木造 17 畳
  • 重量:11kg
  • 価格:41,800円

 

 

対流式石油ストーブの”まとめ”

一覧表でまとめてみました。

 

アラジン

 

トヨトミ
RL-250(G)

newアルパカ

 

コロナ
SLシリーズ

トヨトミ
KS-GE67(G)

日本 日本 韓国 日本 日本
サイズ
(高×幅×奥)
551x388x405 485×388×388 405×350×350 598×460×460 583x482x482
燃焼時間(時) 15時間 20~40時間 10時間 10時間 9.7時間
暖房目安 木造7畳 木造7畳 約7~9畳 木造 17 畳 木造 17 畳
重量 10kg 6.2kg 6.6kg 11.2kg 11kg
価格 69,800円 28,000円 32,800円 19,500円 41,800円

 

 

当家で購入したのは、「コロナSL-6620」

5つの「石油ストーブ」を徹底比較し

当家が購入した石油ストーブは、「コロナSL-6620」でした。

 

当家が「コロナSL-6620」を選んだ理由。
  • 馴染みやすいカラーリング。
  • 木造17畳対応。(大は小を兼ねる)
  • 価格も据え置き。(安いの大好きッ)
  • 安心の日本製。(日本人の決まり文句)

 

 


 


 


 


 


 

 

 

 

ではまた。