D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

【超簡単】DIY用アイアンレッグをご紹介。おススメする理由。長さ調整が無料!

DIYをする一番の理由は、自分の暮らしにちょうど良いものが作れること。

市販のモノでは自分に合う高さのテーブルが無かったりしますよね。
他にも、費用を抑えたい、自分でつくる達成感を味わいたい。など。

今回は自分で超簡単にテーブルをDIYできるターンバックル(TurnBackle)のアイアンレッグをご紹介します。

 

 

f:id:mabo2011:20200703053834p:plain

アイアンレッグお勧めする理由

 

アイアンレッグの長さが丁度いい

市販で販売されているダイニングテーブルの床~天板までの高さは、

700mm前後で作られていることが多いです。

参照:amazon

ターンバックル(TurnBackle)の全長が680mmとなっており、
20~30mmの天板をつけることで、700mm前後の高さになります。


という事で、このアイアンレッグの長さが、丁度いいんです。

f:id:mabo2011:20200703053901j:plain

箱も男前

丁度いい長さに無料でカットしてもらえる

脚の長さの変更は短くするなら、無料でできます。
最小380mmまで。

ローテーブルや子供用のテーブルなど、
低いテーブルを作りたい方には便利なカットサービスです。

 

色がブラックで男前

アイアンレッグの色は、マットブラックです。
脚がブラックだと、割と高い可能性で男前なテーブルになります(笑)

f:id:mabo2011:20200703053951j:plain

パソコンデスクに付けている様子

 

水平にする為の、アジャスターにできる

床の影響で、多少ガタつきが出ることが心配な方は、
アジャスター付きもあります。
ちょっとお値段が上がりますが、長く使うモノなので、床の影響が出そうな場合はアジャスター付きがおすすめ。

 

 

実際に作ってみた

実際に作ってみたので、詳しくはコチラで。

 


パソコンデスクをDIY 集成材・アイアン脚をつかってアンティークワックスで仕上げました

この方法で子ども用のデスク、自分のデスクを作成しました。

天板は20mmの集成材で、アンティークワックスを塗装してます。

 

アイアンレッグが10,000円、集成材が3,000円~4,000円。

安くて、カッコよくできますが、消しゴムでゴシゴシすると揺れます(笑)

自分用のデスクとしては満足していますが、子どもの学習机には不向きかも。

 

 

ではまた。