D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、毎週2回(月・金)更新。

「保冷力」が高いクーラーボックスは「重たい」法則。20L級を徹底比較。

f:id:mabo2011:20211130082138j:plain

クーラーボックスを買おう!

と思いamazonで物色していると

  • すごく高い商品。
  • お値段据え置きの商品

があります。

 

値段の違いは、なんといっても

「保冷力」の違い。

 

その保冷力って、

どのメーカーもいろんな表現の仕方があって

一概にコレがいい!!

と、即決できないですよね。

 

クーラーボックスの違いが分からない

私のようなお小遣いキャンパーからすると

値段が高いクーラーボックスは

「密閉された箱」にしか見えません(笑)

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

クーラーボックスの選び方が分からないなら

クーラーボックスの「重さ」に着目すると

選びやすさがグーンと上がります。

 

 

ということで、

今回の記事では、

クーラーボックスの「保冷力」は

「重さ」判断すべき??

というお話をしていきたいと思います。

 

「保冷力」は「重さ」で決まる?

クーラーボックスは

なんといっても「保冷力」が命です。

 

各メーカーもこの「保冷力」を前面に押し出して

アピールしています。

 

「保冷力」に自信があるクーラーボックスは

氷が8日溶けない!!

と自信たっぷりにアピールしています。

 

 

 

沢山の商品の中で、

自分にピッタリの保冷力を探す時に便利な指標が

「重さ」です。

クーラーボックスの「保冷力」は

「重さ」が大きく影響します。

 

  • 「保冷力」が高いクーラーボックスは、「重い」
  • 「保冷力」が低いクーラーボックスは、「軽い」

そんな法則があります。

 

「重さ」で「保冷力」の違いを見てみる。

それが本当なのか??

 

品ぞろえ豊富な

キャプテンスタッグのクーラーボックスで

比較していきましょう。

「重さ」と「保冷効力」に着目してみましょう。

 

グランドフリーズ クーラー

容量:25L  

重さ:7kg

保冷効力(※):5.1℃(8時間)

価格:18,240円

 

レビューより:ブロック氷が2日間持った。

引用:amazon

 

シエロ クーラーボックス25

容量:22L  

重さ:2.2kg

保冷効力(※):11.5℃(8時間)

価格:2,237円

レビューより:保冷剤が8時間持った。結露した。

引用:amazon

 

保冷効力(※)の値が低い方が保冷力が高いと言えます。

保冷応力の説明は引用しています。↓

※保冷効力は、JIS企画「携帯用クーラーボックス」の保冷試験方法を準用した試験結果の数値です。
1.室温40度±2度において、

内容器に水を満水容量の80%入れて温度を1~4度に調整する。


2.1の水の温度(T1)を測定し、

ふたをしてしっかりと閉める。


3.8時間後に水の温度(T2)を測定し、

(T2)と(T1)との温度差を求めて保冷効力とする。

引用:キャプテンスタッグホームページ

 

どうですか??

キャプテンスタッグには、

JIS規格で保冷効力を明記しているので

比較がしやすいです。

 

7kgのグランドフリーズ クーラーは、

ブロック氷が2日間持つのに対し、

2.2kgシエロ クーラーボックスは

保冷剤が8時間持ったとレビューあり。

 

クーラーボックスの「重さ」が、

「保冷力」に大きく影響していることが分かります。

 

7kgのグランドフリーズ クーラーは

重さの分、厚みのある断熱材を使用しているんです。

f:id:mabo2011:20211130073918j:plain

 

 

重たいクーラーボックスは本当に「保冷力」が凄い?

 

ということで、

キャプテンスタッグで比較して

重たいクーラーボックスが

保冷力のあるクーラーボックス。

 

という法則が

なんとなく理解できたところで、

いくつか保冷力の高いクーラーボックスを

ご紹介します。

 

シベリアンクーラーボックス

容量:20.8L  

重さ:8kg

保冷力:65QTのクーラーボックスで氷が8日間。

価格:27,980円

 

容量が20.8Lで、8kgは驚異的(笑)

容量が違いますが、最大8日氷が残るのも納得ですね。

 

リオソル アルティコ ハードクーラー

容量:25L  

重さ:6.3kg

保冷力:2~3日は5℃以下をキープ

価格:20,680円

クーラーボックスの断面が3㎝程度なので、

キャプテンスタッグの「グランドフリーズ クーラー」と

同程度くらいですね。

 

FIELDOOR ノーザンクーラーボックス 

容量:18.9L  

重さ:7.5kg

保冷力:72時間0℃以下をキープ

価格:17,800円

 

コスパの良いのに、

おしゃれなキャンプ道具が多いブランドです。

クーラーボックスもやっぱりおしゃれですね。

 

キャンプにちょどよいクーラーボックスは1万円台!?

 

ということで、いかがだったでしょうか??

今回の記事では、

クーラーボックスが「重い」=高い「保冷力」

という、かなりざっくりとしたお話でした(笑)

 

こうやって見ると、

キャンプに丁度良い「保冷力」の

クーラーボックスは

1万円~2万円程度のようです。

 

 

クーラーボックスをもっと詳しく見ると、

断熱材の種類。

すき間のないつくりで高い「保冷力」になっているもの。

真空パネルを使って

反則級の「保冷力」を兼ね揃えた

クーラーボックス

‥などあるようですが・・・。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

私はそこまで詳しく見れないので(笑)

「重い」=高い「保冷力」に着目してみました。

クーラーボックス選びが楽になればと思います。

 

ではまた。