D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

DIY初めての方は必見。作りたい~完成までの流れはコレです

DIY初めてで、何から手を付けていいかわからない
作りたい!気持ちはいっぱいだけど、段取りがわからない
DIYどんな流れ(工程)で行っていくの?

もうソレ、DIYの大まかな流れをお伝えします

f:id:mabo2011:20200804061458p:plain

作りたい~完成までの工程はコレです

今回はベンチを作る際の流れを説明いたします
あ、コレですね。


【DIY】ダイニングベンチ ワトコオイル ミルクペイント SPF材で作成

  • ①どんな雰囲気のモノを作るか、ネットで調べる
  • ②大まかなサイズを決める
  • ③木材選び
  • ④設計
  • ⑤カットサービス
  • ⑥木材を組んでいく

①どんな雰囲気のモノを作るか、ネットで調べる


あなたの中に、どんなモノを作ろうかある程度イメージがあると思います。
ただ、ソレがまだ目に見えるモノとして手元にないので
まずはネットやインスタグラム等で調べてみましょう
たぶん、あなたのイメージしたモノが見つかるはず
ここでは、ある程度のイメージがあれば大丈夫です
イメージ画像をスマホへ保存!
この時はワクワクでいっぱいですw

 

②大まかなサイズを決める


ベンチのサイズを検討する際
座面の高さ、広さ、長さを検討する必要があります。
1から考えるのは、大変です。
参考になるモノを探しましょう
例えば、自宅のモノを参考にしてみたり
ネット通販に販売しているモノを参考にしてみたり。

ダイニングベンチの寸法を決める際は、自宅のダイニングチェアを参考にしました。
座面の高さ、座面の奥行、
んで、長さはダイニングテーブルより10〜20cm短くして、使用しないときはテーブル内に入れる事ができるように。
あとは、使う人イメージします
家は子どもが座るダイニングベンチを作ったので
ダイニングチェアより、少し高めの座面で作成
そうすることによって、子どもにとっては丁度良く
大人にとっては少し高めの座面になり、誰でも座れるベンチに仕上げました。

なんかいいでしょ?
DIYってw
そんな思いを書いた記事がこちら

 

mabo2011.hatenablog.com

 

③木材選び


次は何の木を使うか決めていきます木材の種類によって、木材自体の厚みがあります。
何の木材を使うかを決めましょう
DIYする人は、SPF材を使う人が多いです。
下記の記事はご参考までに

 

mabo2011.hatenablog.com

 

どの位置に、どれくらいの大きさの木材を使うかですが
今回ベンチを作成した際は
ツーバイフォー(詳しくツーバイフォーに近い大きさ)をメインに作成しています。
ツーバイフォー材は、アメリカで家を作る際に使用する木材ですので
丈夫さは保証付き
大物家具は、ツーバイフォー材をメインにするといいかな。と


④設計


ネットで見た画像と、
あなたの丁度いい寸法
使用する木材が決まったら、次は設計図を書きます
ここで大切なのは、木材の厚み、木材の組み方
上から見たとき、横から見たとき、下から見たとき
詳しく書けば書くほど、より正確な設計図が完成します
木材の組み方は過去記事をご参考に

 

mabo2011.hatenablog.com

mabo2011.hatenablog.com

 

使用するソフトは下の記事に記載してますのでご参考までに
手書きでも全然かまいません!

 

mabo2011.hatenablog.com

 

でも、やっぱり最初は失敗しますw
よくやるのが、木の厚みを忘れて
そのままカットサービス
木の厚み分、木材の長さが足りない・・・余る・・・。
↑コレ、DIYやっている人絶対やってますのでご安心を

 

⑤カットサービス


カットサービスを上手く使うとDIYを効率的に行う事ができます
1カット20円くらい?多分地域差あるけど
ノコギリ使う労力は、別の所で使いたい派ですw
カットサービスは過去記事をご参考に

 

mabo2011.hatenablog.com

 

⑥木材を組んでいく

カットサービスが終わったら
丁寧に作成した設計図を見ながら、組んでいきます。

ココで使用するのは、インパクトドライバーとスリムコーススレッド、木工用ボンドです
木工用ボンドは接着面に塗ります
インパクトドライバーがあるとビスが一瞬で木材同士をくっつけます

インパクトドライバーの選び方

 

mabo2011.hatenablog.com

 


ビスの選び方

 

mabo2011.hatenablog.com

 


1人で組むのが難しい場合があります
端を揃えて組みたい場合は家の壁を使ったり
直角に組みたい時は、家の角を使いながらやっていくと良いです
それでも難しい場合は、助っ人を呼びましょう
また、YouTubeでもいろんな人が、色んなモノを作ってます
そちらも参考にしていくと、さらに腕が上がっていきます

いかがでしたか?
DIY初心者の私なんかで良ければ、質問に回答させていただきます。

質問お待ちしております。

 

ではまた