D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。毎週2回更新。

【コスパ】見ないと損!3年お小遣いキャンパー歴3年のキャンプ道具。

f:id:mabo2011:20220113074552j:plain

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年のまさたけ(@masa_take14)です。

 

 

主にソロキャンプを楽しんでおり

2021年は合計9回のソロキャンプと、

ファミリーキャンプを2回楽しみました。

 

今回紹介するキャンプ道具は

主にソロキャンプで使っている

お値段以上に価値を感じる

コスパの良い商品を紹介していきたいと思います。


 

バンドックソロベース

軍幕が欲しいけど

メンテナンスに

ガチの軍幕にハードルの高さ感じる

私みたいな人に(笑)

お勧めです。

 

テントに求めるモノは

  • 見た目のカッコよさ。
  • 使い勝手のよさ。

とコレだけ(笑)

 

 

おすすめポイント!
  • タープ不要。
  • 付属ペグはクオリティーが高いアルミVペグ。
  • 設営時間はたったの15分で完了。
  • TC素材で火の粉に強く近くで焚き火ができる。
  • 薪ストーブがインストールできる。
  • 飽きがこないデザイン。

 

人気のカーキは2万5千円するので、

安くは無いですが、

飽きの来ないデザインで、

タープも追加しなくていいし、

長く使えるテントは

コスパが良いんですよね。

 

mabo2011.hatenablog.com

 

 

LEDランタン

 

LEDランタンは

いろんな形や、明るさの

LEDランタンがありますよね。

 

その中でも

ソロキャンプを始めたときから使っている

LEDランタンがこれ。

 

LEDランタンに求めるモノは5つ。

  • コンパクトさ。
  • 明るさ。
  • 明るさ調整ができる。
  • 電球色であること。
  • 翌朝までもつスタミナ。

このすべてを持ち合わせているのが

このシンプルなLEDランタンです。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

おすすめポイント!
  • 手のひらサイズで軽い。
  • ソロキャンプに丁度良い明るさ。
  • 明るさが2段階調整できる。
  • 雰囲気がでる電球色。
  • ローライトで朝まで電池が切れない。

 

 

このライトには

LEDライトが1つしか付いていないんです。

コレが

「電池持ちの良さ」に繋がっています。

 

1つだけじゃ物足りないと思いがちですが、

ソロキャンプでは充分のスペックです。

 

Fengzel Outdoorシュラフ(ダウン1500g)

いいシュラフがあれば

冬キャンプだってへっちゃらです。

が、冬に使えるシュラフって高価ですよね(笑)

 

冬に使うシュラフに求めるものは、

  • 冬キャンプの最低気温に適応できる。
  • ダウンシュラフでコンパクトに持ち運び。
  • だけど、お値段も据え置き1万円台で。
  • 窮屈さを感じない。

とこんな感じです(笑)

 

 

おすすめポイント!
  • 最低気温1℃で寒さを感じない。
  • ダウンなので収納が楽。
  • 1万5千円程度で、お小遣い内で購入できる。
  • ストレッチが効いているので窮屈さを感じない。

 

中華製ならではですが、

安い分、獣臭があります。

購入後はしばらく陰干して、

あとは使っていくうちに

獣臭が薄れていきます。

 

1万円台で購入できる冬シュラフはめちゃコスパ良いです。

 

革手袋

f:id:mabo2011:20220113062222j:plain

焚き火をする時に使うなら、

軍手より、革手袋の方が様になります(笑)

革手袋に求めるものは、

  • 見た目のカッコよさ。
  • ガシガシ使える分厚さ。
  • 経年変化を楽しめる。

です。

 

おすすめポイント!
  • 色味がよく革手袋感をめちゃ感じる。
  • 1,000円なので、気持ち的にもガシガシ使える(笑)
  • 汚れがいいデザインになっている。

 

マジックテープが安物感を醸し出していますが(笑)

使っていくうちに

どんどん革が汚れて

見た目が良くなるので

気になりませんよ。

 

 

焚火台

f:id:mabo2011:20220113074004j:plain

 

メルカリで購入した

ピコグリルっぽい焚き火台。

この形がお気に入りで、

2代目もほぼ同じ形の焚き火台を

amazonで購入しました(笑)

焚き火台に求めるモノは

  • 火が良く見える。
  • 軽い。
  • あぐらスタイルで楽しめる高さのないモノ。

 

おすすめポイント!
  • 焚き火が良く見える。
  • 軽いので持ち運びが楽。
  • 調理もできる。

 

できれば本家を使いたいところですが(笑)

お小遣いが一気に吹っ飛びます。

これで良いんです。

 

エスビットアルコールバーナー

f:id:mabo2011:20220113074043j:plain

 

mabo2011.hatenablog.com

 

CB缶を使用した

ガスバーナーを使っていましたが

  • 荷物が多くなるし。
  • 寒いと火の付きが悪くなる。

今はアルコールバーナーで落ち着いています。

 

おすすめポイント!
  • 持ち運びが楽。
  • 真鍮製で経年変化を楽しめる。
  • 火力充分。

 

ガスバーナーに比べると

火力は劣りますが、

キャンプは不便を楽しむもの。

お湯が沸く時間は、

自然を眺めて過ごすのも良いです。

 



Milicampメスティン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20210818/20210818074019.jpg

キングオブクッカーは

間違いなくメスティンです。

調理器に求めるモノは

  • 多様な調理法に対応できる。
  • スタッキングできる。
  • 軽い。
  • キャンプっぽいもの。

ですよね。

 

おすすめポイント!
  • 煮る、焼く、蒸す、燻すなど調理法が多様。
  • 箱型なので中に調味料など収納できる。
  • アルミ製で軽く、熱伝導率が高い。
  • ザ・キャンプって形がたまらない。

 

といいとこ尽くしです。

強いていうのであれば、

耐久性があまり高くない。ところ。

燻す際は、火力が一転に集中すると

穴が開いたりするらしいので

注意が必要です。

かれこれ、2年使い続けています。

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

ということで、コスパ最高のキャンプ道具を紹介しました。

 

お小遣い内で揃えないといけない

キャンプ道具は

コスパ重視になるものです。

 

価格が安いと

コスパ以下のモノを手にすることもありますが・・・。

今回紹介したキャンプ道具は

どれもお値段以上の仕事をしてくれるものばかりです。

 

そんな道具を使いながら楽しんでいる

ソロキャンプ持ち物チェックリストはコチラ。

mabo2011.hatenablog.com

 

ではまた。