D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

カラーボックスをリメイク!杉プレーナー材と一文字隅金を使ってDIY

子ども部屋のリフォームに着手している
2012年~DIYを始め
DIY歴9年目のmasa takeです。


今日は、行き先を失っていたカラーボックスを、
ベンチへ変えるリメイクDIYを行います。

 

今日のカラーボックスのリメイクは、

こんな人向け

  • 不要のカラーボックスの処分に困っている
  • ベンチを手軽にDIYしたい
  • 収納付きのベンチが欲しい
  • 子ども部屋に座るモノが欲しい

今回の作業時間2時間程度で、
かかった金額は、1つのベンチあたり、

4,000円くらいでできます。

 

※工具は含みません。

f:id:mabo2011:20210111173816p:plain

 

 準備するもの

必要な工具

施工方法

  1. カラーボックスの寸法を確認
  2. 必要な部材の寸法を確認
  3. 天板をつくる
  4. 天板をカラーボックスにくっつける

 

カラーボックスの寸法を確認


天板を用意する為に、

カラーボックスの寸法を確認します。

当家のカラーボックスはこのような感じ

写真バージョン

f:id:mabo2011:20210111093631j:plain

図面バージョン

f:id:mabo2011:20210111091545j:plain

※今回カラーボックスを2つくっつけて使用します。

f:id:mabo2011:20210111091611j:plain

 

必要な部材の寸法を確認

 

カラーボックスの寸法を確認したら、

 杉プレーナー材と、それを繋ぐ一文字隅金を選びます。

f:id:mabo2011:20210111091744j:plain

緑線が一文字隅金

一文字隅金は35×356を1つのベンチに2枚
茶線が杉プレーナー材です。
杉プレーナー材は910×140にカットした板を6枚

※木材カットを利用すると楽です。 

mabo2011.hatenablog.com

 

一文字隅金とビスの選び方はこちらの記事で確認を。 

mabo2011.hatenablog.com


杉板は、カラーボックスは、横(片方のみ)と
前に少し出して、開きやすいようにしておきます。

f:id:mabo2011:20210111093805j:plain

天板をつくる

座面となる天板を作成します。

杉プレーナー材を3枚並べて、

f:id:mabo2011:20210111092151j:plain

両端に一文字隅金を置いて、

f:id:mabo2011:20210111092555j:plain

ビス留めします。これで天板が完成。

f:id:mabo2011:20210111092612j:plain

※木材の両端に当て木をすることで、板のズレが出なくなります。


天板をカラーボックスへ取り付ける

天板をカラーボックスへ取り付けます。

今回準備した丁番はこちら。

f:id:mabo2011:20210111091945j:plain

付属のビスではカラーボックスを貫通するので、
カラーボックスの厚みに合ったビスを使いました。

f:id:mabo2011:20210111093251j:plain

 

壁付けに設置する場合は、天板が開きやすいように

壁にべた付けせずに、

ツーバイフォー材等を挟んでおくと良いです。

f:id:mabo2011:20210111093535j:plain

こうする事で、壁へ干渉せず、

天板の開け閉めができるようになります。

f:id:mabo2011:20210111093423j:plain

という事で、完成です。

f:id:mabo2011:20210111093555j:plain

f:id:mabo2011:20210111093604j:plain

 

今回使用したモノ

 

カラーボックス

1個2,000円くらい

※今回使用したカラーボックスの寸法に近いのでご紹介。

杉プレーナー材

1枚300~400円くらいです。

※厚み15mmあれば強度は大丈夫です。

丁番

1個2組入ってます。

300円くらい

一文字隅金

は、Amazonで探しきれなかったw

1本350円でした。

 

ではまた。