D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

キャンプマットの選び方。4つの特徴を知り最高の寝床をつくろう。

寝る時に大切なキャンプ道具の1つ、
キャンプマット。


キャンプマットも色々あって、
どのマットがどんないいの??
って疑問を感じている方も多いはず。


今日は、私が使ってきたキャンプマットの
メリット・デメリットと、

最高の寝床の作り方をご紹介します。


f:id:mabo2011:20210208154230j:image

 

キャンプマットを使うメリット


そもそもですが、

キャンプマットを使うメリットは

  • 地面の凸凹を緩和して、寝心地をよくする
  • 地面からの冷気を遮断して保温効果を上げる

このようなメリットがあり、

よりよい睡眠の手助けとなります。
自宅で言う、敷布団の役割です。

f:id:mabo2011:20210208073831j:plain

敷布団が変わると眠りの質が
落ちる方もいるので、
キャンプマット選びは
重要なポイントとなります。

 

キャンプマットの種類


キャンプマットの種類は大きく分けて4つ。

  • クローズドセルマット
  • セルフインフレーターマット
  • エアマット
  • キャンプコット

どのキャンプマットも

人それぞれ、相性があると思います。

だからキャンプ道具選びは

楽しいのです(笑)

では、いってみましょう。

 

クローズドセルマット


発泡素材で作られた

折り畳み式のキャンプマットです。

 

メリット
  • 破けても使える
  • 準備は広げるだけ(2秒でできます)
  • 安い(モノによります)
  • 地面の冷気を遮断が一番優れている
デメリット
  • 嵩張る
  • クッション性が低い

 

クローズドセルマットは、
地面の凸凹と

地面の冷気を遮断してくれます。

厚みが2cm程度の物がほとんどで、

クッション性は1番無いです(泣)

価格は1番お手頃な種類なので、
初期投資を抑えたい方が

購入するに適しています。

 

いいモノになると、保温性を高めた商品もありますが、

それなりのお値段になります。


セルフインレーターマット

中にウレタンフォームが入っており
バルブを開くと、ウレタンフォームの弾力により
自動でエアーが入る仕組みのモノ。
エアーが入った後は、バルブを閉めて
使用します。

メリット
  • マットレスに近いクッション性がある
  • 自動膨張なので、使用前の準備が楽
  • 地面の冷気をある程度遮断する
  • 分厚いので地面の凸凹を感じない
デメリット
  • 嵩張る
  • 片付けが大変
  • 重たい
  • 穴が空くと寝心地が悪くなる

ウレタン+エアーの弾力で

マットレスに近い寝心地です。

今回紹介するマットで、寝心地は1番いいです。

 

エアマット


使用前に、空気を入れて膨らませて使用します。

膨らませ方は、商品によりけり。

 

メリット
  • 収納サイズがコンパクトで軽い
  • 地面の凸凹を感じない
  • クッション性がある
デメリット
  • 冷気を遮断できない(モノによります)
  • 穴が空いた時点で使えなくなる
  • フワフワした感じ(浮遊感)が苦手な方にはお勧めできない

軽くてコンパクトなので、

バイクや徒歩などの方にお勧め。

空気だけの層だけなので、
冬は寒さ対策が必要になります。

※高機能のエアマットになると、
フィルムを組み込んで、
保温効果を上げるタイプのエアマットもあります。

その分価格も上がります。

 

キャンプコット


組み立て式の簡易的なベッドになります。

メリット
  • 高さが出るので寝起きがしやすい
  • 地面の凸凹は感じない
  • クッション性がある

 

デメリット
  • 組み立ては力やコツが必要
  • 寝返りがしにくい
  • 遮熱効果はない(地面から離れている分、緩和されています)

コットは初心者が憧れるキャンプ道具の1つですね。
私が愛用しているキャンプ道具の1つです。

 

寝心地がまぁまぁ、

冷気を感じにくかったり、

まぁまぁコンパクトに収納できたりと、

他のマットのいいところを

少しずつ兼ね合わせてます(笑)

 

 

最高の寝床の作りかた

という事で、どのタイプにもメリット、デメリットが存在します。

 

価格重視なら、クローズドセルマット

携帯性重視なら、エアマット

寝心地重視なら、インフレーターマット

いいとこ取りの、コット

という感じです。

 

キャンプマットは1つのみじゃなく、

かけ合わせるとデメリットをカバーし

最高の寝床が完成します(笑)

 

  • クローズドセルマット×エアマット
  • クローズドセルマット×コットorインフレーターマット

のように、デメリットをカバーする組み合わせで併用すると、

寝心地や保温性が上がります。


あなたのキャンプのスタイルに合った
最高の寝床づくりができるよう応援しています。

 

ではまた。