まさたけのDIYとキャンプ日記

2013年〜DIYを始め。 2012年〜子育てが始まり。 2019年〜キャンプデビュー。 DIYもキャンプを初心者目線で毎日ブログ更新中。

ディアウォールを使って、キャンプギアを壁収納。見た目・機能性、最高ですw

ども、masa takeです。

DIYを始めて、8年が経ちました。

今まで作ってきたモノ一覧はこちら


壁収納ってお洒落ですよね。
収納したいケド、
見せておきたいモノってないですか??

 

今回は、ディアウォールを使って、
自宅の壁に穴を開けることなく、
キャンプギアを収納するための、
DIYを行います。
この方法は、賃貸住宅でも可能な方法です。
是非お試しあれ。

 

f:id:mabo2011:20201220121755p:plain

 

今回収納するモノ

杉板とキャンプギアを壁収納します。

f:id:mabo2011:20201220124304j:plain

杉板は、

ファミリーキャンプで使用するテーブルの天板です。

その板を、立てかけるための仕掛けが必要です。

では、いってみましょう。


必要な工具


インパクトドライバー
6mmドリル

ドリルガイド
メジャー

差し金

 

今回の材料費と使う材料

ツーバーフォー材を2本

700円/本


マルカンボルトM6×50mmを12本

70円/本


パラコード


ディアウォール2つ

945円/個

塗装するのであれば、お好みの塗料のご用意を。

 

材料費は、4130円。

※パラコードは自宅にあるモノを使っている為、

今回の材料費に入れてませんが、

100円均一にあるパラコードであれば、

プラス100円程度です。

 

 

作業工程

ツーバイフォー材をカット

ホームセンターへ行って、
ツーバーフォー材を購入後、
ホームセンターのカットサービスにて
(床から天井までの長さ)ー45mmの長さにカットしてきましょう。

例えば、
床から天井までの長さが、
2545mmだとしたら、
2545mm-45mm=2500mmに。
↑例えばですので、自宅の天井の高さを計ってくださいね。

 

マルカンボルトをツーバイフォー材へ付ける

 

まずは必要な間隔を開けて、
穴の位置を決めていきます。


立てかけた際に、
両側のマルカンボルトの位置が
水平になるように、
下から同じ寸法になるようにしていきます。

f:id:mabo2011:20201220124021j:plain

ちなみに
今回は杉板の間隔に合わせて、
20cm間隔で穴を開けています。

 

穴を開ける際に便利な道具がコチラ。
パラララン♪
ドリルガイドー!
ドラえもん風) 

このドリルガイドを使用する事で、
木材に対して、垂直に穴を開ける事ができます。

穴が斜めにならないんです。

f:id:mabo2011:20201220124045j:plain

私は斜めになる自信があるので、
いつも使っていますw 

mabo2011.hatenablog.com

 

6mmの穴にM6のボルトをはめる際は、
結構力がいるので、
このように、マルカンボルトを使って、
マルカンボルトをねじ込んでいくと良いです。

f:id:mabo2011:20201220115739j:plain

 

壁にツーバイフォー材を設置

マルカンボルトをすべて取り付けたら、
ディアウォールを使用して、
壁際に設置します。

ディアウォールの設置方法は、
公式ホームページがわかりやすいので、
こちらをどうぞ。

 

パラコードをマルカンボルトに通す

 

設置が済みましたら、
マルカンボルトに、
パラコードを通します。

f:id:mabo2011:20201220115815j:plain

 

収納していく

パラコードを通し終えたら、杉板を収納。

f:id:mabo2011:20201220115829j:plain

その後、キャンプギア達を、
マルカンボルトにかけたり、

f:id:mabo2011:20201220115949j:plain

カラビナが必要なモノは
カラビナを使いましょう。

f:id:mabo2011:20201220120003j:plain

杉板にS字フックを使用してクッカーなんかも収納していくと、

イイ感じになります。

f:id:mabo2011:20201220125758j:plain

 

完成

f:id:mabo2011:20201220121314j:plain

という事で、完成しました。
いや~見た目も、機能性も最高ですね。
↑自分で言うなw

今回使用した材料などです。

 

 

ではまた。