D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、毎週2回(月・金)更新。

【2022年】秋キャンプを楽しむシュラフと服装選び・寒さ対策とは?

夏の暑さが和らぎ、キャンプシーズンとなりました。

 

1日中、暑い夏から、

夜の冷え込みで、季節の変化を感じる「秋」

それなりの”対策”が必要になります。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、ソロキャンプ歴3年、DIY歴10年のまさたけ(@masa_take14)です。

当ブログでは、キャンプを始めたい方、始めたばかりの方向けのコンテンツを発信しております。

 

この記事では、初めて秋キャンプをする方が

  • シュラフ選び。
  • 服装の考え方。
  • 寒さ対策。

を、解説します。

 

これで、日中は過ごしやすい”秋キャンプ”を

存分に楽しむことができるはず。

 

シュラフ選びは、”秋の最低平均気温”に合わせる。

シュラフ選びは、

お住いの地域の”最低気温”に合わせるのが重要。

 

私は、長崎在住なので

  • ”長崎”
  • ”10月”
  • ”平均気温”

で、検索して、

過去の平均「最低気温」を確認します。

※月末の利用の際は、

次の月の最低気温も確認しておくと、安心。

 

検索結果が、最高24℃、15℃程度。

※11月の平均気温が10℃。

 

なので、

適温温度が10℃以下の、”マミー型シュラフ”を選びます。

 

お勧めは、3シーズン用(春・夏・秋)のシュラフ。

お小遣いキャンパーの私は、コレを使ってます。


 

焚き火と、寒さに強い服装を。

秋になると、焚き火が心地いい季節に。

 

涼しさや、快適さを優先していた夏の装いから

焚き火と、寒さ対策を重視した服装へシフトします。

 

とはいえ、日中はまだまだ暑いのが

秋キャンプの厄介なところ(笑)

 

秋キャンプの服装は、

焚き火対策の為に、アウターやパンツは”綿素材”を。

半袖インナーと、アウターの間に

”空気の層”を作るといいです。

 

服は、ユニクロ・GUで揃える。

私の服装はこんな感じ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20201029/20201029192916.jpg

  • Tシャツ(UNIQLO)
  • ジップパーカー(UNIQLO)
  • デニムジャケット(GU)
  • コットンのパンツ(GU)

 

mabo2011.hatenablog.com

 

 

夜の冷え込みに備える。

自然なので、予報ばかりを頼るのではなく

大袈裟なくらいの、準備をしてた方が安心。

 

シュラフにプラスして、

インナーシュラフを持って行くと

保温力が向上するので、

予想外の冷え込みにも対応できます。

※ひざ掛けとしても使える。

 


 

また、

ウルトラライトダウン(ベスト)を

シャツと、パーカーの間に挟むと

めちゃくちゃ温かくなります。

 

大袈裟かな~。くらいが、丁度良い。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mabo2011/20201029/20201029193226.jpg

 

秋キャンプの夜に備えた装備で、アウトドアライフを楽しもう!

と、いうことで

今回は、秋キャンプの備えについて解説しました。

 

この記事のまとめ
  • シュラフ選び。
  • 秋キャンプの服装。
  • 夜の寒さ対策。

 

 

昼間は、夏の暑さが残り、

夜は、冷え込む「秋キャンプ」

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

備えをしっかりしておくと

楽しむことができますよ~。

 

ではまた。