D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。アラフォー妻子持ちのおじさんが、週1回(月)新規記事を投稿中。

冬キャンプに向けて積載量増やすAmazonのルーフトップカーゴバックレビュー。

f:id:mabo2011:20211011074509j:plain

冬キャンプになると

  • シュラフが大きくなり。
  • 防寒グッツが増える。

ことが原因で

「車にキャンプ道具が乗らない」

問題が発生しがち。

 

荷物が多くなる冬こそ

積載問題を解決して、

快適な冬キャンプをしたいですよね。

 

そこで当家では、

車の上に荷物を置くことができる

ルーフトップカーゴバックを

導入しました!

 

今回購入した商品は

Amazonベーシックの

「ルーフトップカーゴバック425Ⅼ」

 

 

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

こんにちは、キャンプ歴3年、DIY歴9年のまさたけ(@masa_take14)です。

Amazonベーシックルーフトップカーゴバックをレビューします。

 

マツダのプレマシーは積載量が少ない

我が家の愛車は

マツダのプレマシー。

 


まさたけ

7人乗りですが、車高が低く

ボクシーなどのワゴン系の車に比べると

積載量が少ないんですよね。

 

去年の冬は、積載量が問題で

子ども達が座る後部座席は

シュラフでいっぱいとなり

娘2人の陣地取り合戦に。

 

楽しいキャンプとは

程遠いモノでした(笑)

 

Amazonベーシックルーフトップカーゴバックを選んだ理由。

ということで、

Amazonベーシックの

「ルーフトップカーゴバック425Ⅼ」を購入。

 

Amazonのロゴが入っているのに(笑)

コチラを選んだ理由は、

  • 低価格。
  • 1年保証がある。
  • ストラップが多いので固定力がありそう。
  • レビュー数が4500件。
  • ☆4つ。

このあたりが決め手のポイントでした。

 

実際に使ってみたので

レビューしていきたいと思います。

 

スライドドアの車にはルーフキャリーが必要。

当家では、車の屋根に

直にルーフトップバックを

置くことを試みましたが・・・。

 

見事、失敗に終わりました(笑)

mabo2011.hatenablog.com

 

ドアタイプの車の場合は

屋根にルーフカーゴバックをそのまま置いて

車内にストラップを引き込んで

固定が可能のようですが・・・。

 

スライドドア車は、

ルーフバックのストラップが

ドアのスライド部分に

引っ掛かるので

ルーフキャリーが必要になります。

f:id:mabo2011:20211011052804j:plain

 

スライドドア×ルーフトップバックはルーフキャリーが必要。

スライドドア車に

ルーフトップバックを使用するなら

ルーフキャリーの取り付けは必須です。

 

工具は付属の6角レンチのみで可能なので、

自分でやってみるのもアリです。

mabo2011.hatenablog.com

 

mabo2011.hatenablog.com

 

ルーフトップバックの中に板を敷くと便利。

実際に取り付けていきましょう!

 

バックは専用の収納袋に入っているので

使わない時の保管が便利ですね。

f:id:mabo2011:20211011053409j:plain

 

Amazonベーシックルーフトップバックを

ルーフキャリーの上に敷いて

 

バック内に4枚の板を敷くと

ルーフバックが

ルーフキャリーに乗っかり、

車の屋根から浮いた状態で

荷物を載せる事ができるのでお勧めです。

 

※板の長さ:17㎝×100cm

f:id:mabo2011:20211011072318j:plain

 

ルーフトップバックには軽い荷物を入れる。

ルーフキャリーの

最大積載重量が60kgのため

軽い道具を載せます。

 

当家では以下の5つを詰めました。

  • シュラフ×4
  • インナーシュラフ×1
  • EVAマット×2
  • インフレーターマット×2
  • ラグ+銀マット

 

これでも

もう少し余裕があったので、

次回は折り畳みチェアも

入れたいと思います。

 

ルーフトップバックのストラップでしっかり固定する。

荷物を入れたら、

ルーフトップバックに付いている

ストラップで

しっかり固定していきます。

f:id:mabo2011:20211011073458j:plain



ストラップは合計8本あります。

f:id:mabo2011:20211011073507j:plain



 

このストラップを

車体の前後にある

ルーフキャリーのバーに巻きつけ

荷物がぶれないように

締め付けます。

f:id:mabo2011:20211011073514j:plain



 

Amazonベーシックのルーフトップカーゴバックは宣伝カーになる。

ということで、

取り付けが終了しました。

 

ルーフトップバックの前後には

ロゴがしっかりと印字されており

Amazonの宣伝カーとなります(笑)

f:id:mabo2011:20211011073524j:plain

 

コレをどのように受け取るかは

あなた次第。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

当家では笑い話にしていますよ。

 

積載量が増える冬キャンプの準備は、ルーフトップカーゴバックから。

 

冬キャンプは

  • シュラフが大きくなる。
  • 防寒対策グッツが増える。

‥等、キャンプ道具が

車に乗らない問題が起こりがちです。

 

この問題を解決するためには、

荷物が多くなり始める

秋キャンプから

準備をしておくことが必要です。

 

今回のキャンプでは、

  • ルーフトップカーゴバックの取り付け方
  • もう少し荷物が入る。

事がわかりました。

なんでも経験が大事ですね。

 

f:id:mabo2011:20210530062516p:plain


まさたけ

皆さんの「車にキャンプ道具が乗らない」

問題解決の参考になれば幸いです。

 

 

この日のキャンプ道具はこちら。

mabo2011.hatenablog.com

 

 

ではまた。