D.I.Camp!!〜DIYとCampのコト〜

D.I.YとCampを始めたい、始めたばかりの方の為のhow to ブログ。

アルコールバーナーをお勧めする理由。最大のメリットは軽量・コンパクト

キャンプ沼にハマって熱源を変えてみたい方(コレ私)

キャンプの初期投資を抑えたい方

荷物を軽量・コンパクト化したい方

アルコールバーナーに魅力を感じている方

へ向けた記事です。

 

先日、迷いに迷いエスビットのアルコールバーナーを購入しました。

本体価格:2,750円

 

実際に使ってみて、アルコールバーナーの良いところ、

そうでない所、どんなシーンで力を発揮するのか?

をお伝えします。

f:id:mabo2011:20210419074739j:plain

 

アルコールバナーとは

アルコールストーブとも言いますが、

ここではアルコールストーブで統一します。

色んなブランドから、アルコールバーナー本体が発売されています。

 

使い方は簡単

アルコールバーナーに、燃料用アルコールを注いぎ、火を着けて、

f:id:mabo2011:20210419074031j:plain

燃焼から、

f:id:mabo2011:20210419074053j:plain

本燃焼になると、

f:id:mabo2011:20210419074120j:plain

アルコールバーナーの本領発揮となります。

 ご覧の通り、シンプルな構造の為、故障がしにくく頑丈なのが特徴です。

 

アルコールバーナーを選ぶポイント

 

見た目・素材

見た目・素材には好みがあると思います。アルコールバーナーは

大きく分けて3つ。

  • 真鍮:新品時の輝きは美しい。使うたびにくすんでいく楽しさがある。
  • チタン:高級金属で、軽くて丈夫で高い(笑)マットな銀色。
  • ステンレス:頑丈で安い。銀色。

 

この辺を抑えておくと、選びやすいです。

 

湯沸しと炊飯にかかる時間を確認

各社とも火力・容量の違いがあります。

湯沸し、炊飯にどれくらいかかるかを確認して選びましょう。

amazonのレビューで確認できます。

ちなみに・・・。

エスビット製は、70ml注いで25分間燃焼します。

湯沸しは500mlは約10分程度で可能です。

 

荷物が軽量・コンパクト化する

アルコール最大のメリットとして、荷物の軽量・コンパクト化です。

このように手のひらサイズで

f:id:mabo2011:20210419071120j:plain

予備の燃料や、五徳をメスティンに入れていく事ができます。

f:id:mabo2011:20210419071205j:plain

重さは261gと軽いです。

f:id:mabo2011:20210419071220j:plain

荷物を軽量・コンパクト化したい

登山や徒歩キャンパーに嬉しいメリットの1つですよね。

私はデイキャンプに行く際に、ガスバーナーを持っていくのがしんどい。

(どんだけ怠け者w)

と思ったのが購入のきっかけでした。

 

燃料が小分けできる

ガスバーナーの場合、ガス缶を小分けにできないですが(笑)

アルコールバーナーの燃料は、セリアのボトルに小分けして持っていく事ができます。

f:id:mabo2011:20210419071718j:plain

コレがコンパクト・軽量化できる理由の1つですが、

逆をいえば、燃料の制限があるので、

何をするのか考えて持っていく必要があります。

 

エスビット製のアルコールバーナーとセリアのボトルで、

本体に70ml、予備のボトルに60ml入れて運べます。

晩御飯、朝ごはんまではコレで大丈夫ですが、

+コーヒーを飲みたい。となると足りなかった(笑)

 

ボトルをもう1本。

もしくは、燃焼用ボトルをそのまま持っていく方が良かったりします。

 

アルコールバーナーはこんな人にピッタリ

 

という事で、アルコールバーナーもメリットデメリットがあります。

その中でも

  • 登山や徒歩キャンパーなど荷物のコンパクト・軽量化が必要な人
  • コーヒーだけ外に飲みに行きたい人
  • アルコールストーブを使ってみたい人
  • 壊れにくいキャンプ道具が良い人
  • ロマンを感じたい人
  • キャンプ道具の初期投資にお金をかけたくない人

と、こんな方にピッタリのキャンプ道具です。

 

紹介したキャンプ道具

ではまた。